2009年08月25日

◆子育て版 かわいさ余って憎さ百倍

可愛いかわいいと育ててきた子が、
2歳を過ぎたころから小鬼に見えてくることがあった。
ものすごく憎らしいと感じた。
大人げなくて、ここに書くのも恥ずかしいぐらい。
未熟な私には、大問題だった。

第一反抗期っていわれるやつ。
今まで従順で、どこにでもついてきていた子が、
突然そっぽを向くんだから 私は戸惑った。

なんでも自分でやりたがる。
とっても時間がかかる。
いちいち全部やらせてはあげられない。
急いでいるときなんか、待っていられなくて
ささっと手を出して終わらせてしまう。

すると、余計に時間がかかる事態が起こる。
ひっくり返って怒る。
どこで覚えたのか ショッキングな言葉が。
「オカアサン、ダイッキライ!。」

子どもが一瞬の感情で言ったこととは知っていても、
寛大になれない。
今まで人から露骨に‘きらい’なんて言われたことなんてないのよ、
あなたは平気でそんなこと言いますかぁって。
憎らしいとまでも思えた。
そんな風に思ってしまった自分に また 自己嫌悪。

自信をなくしてイライラ。
余裕を持てばいい、でも、余裕の持ち方が分からなかった。
子育ては可愛いかわいいだけではできないんだと初めてわかった。

posted by クロ at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

◆子育て版 言わぬが花

買い物中、可愛い赤ちゃんがベビーカーに乗っていた。
お姉ちゃんと私は 思わずのぞき込み、
「うわぁ!かわいい!!」

そこで私は 言わなくてもいいのに、
「こんな可愛い子でも10年もたてばあんたみたいに生意気になるんだよねぇ。」

そしたら
「そうだね、こんな可愛い子でも三十ん年たてばお母さんみたいにおばちゃんになるんだよねぇ。」
とお姉ちゃん。

全く…、 お互い言わなきゃいいのに。
posted by クロ at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

◆子育て版 持つべきものは子

こんな言葉、信じられない時がある。

日々の生活に追い立てられて、
反抗する子に手を焼いて、
自分の時間がほしいとわがままが出て、

理由はいろいろだけど、
子どもが大事と いつも心から言えるとは限らない。
そんな母、冷たいようだけど、本音の本音。

そんな時、昔の写真を見てみる。
小さいけど、強い意志をもっているような生まれたての赤ちゃん。
よくぞ ここに来てくれたと、感謝したくなる。

実際、子どもに助けられているところはたくさんある。
っていうか、今や、子どもなしの生活なんて考えられなくなっている。

ふとした言葉から
親を喜ばせ、泣かせ、教訓を残してもくれる。
親の生き方まで変えさせてしまうような 子どもの存在は、
やっぱりすばらしいと思う。
posted by クロ at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 冷たい親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

◆子育て版 手塩にかける

おとなしくて手がかからない姉、一人でも平気で遊んでいた。
よく泣いていた妹、いつも母を追いかけて 抱っこをせがんでいた。
そのうちに弟誕生。
お姉ちゃんは さらに我慢しなければいけなくなった。

母にとっては手がかからない子は有難い。
泣く子はやはり気になるので、
お姉ちゃんは後回しにしてしまうことが多かった。
抱っこするのも、妹と弟優先だった。

今、3人を比べてみると、姉が一番 母にくっつきたがる。
小さい頃の抱っこの量と関係があるのかないのか。
お姉ちゃんは、あの頃足りなかった母との関わりを、
今 取り戻そうとしているようにも思えてならない。
どの子の同じように 手塩にかけて育てていかないといけないな。
posted by クロ at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

◆子育て版 喉元過ぎれば熱さを忘れる

赤ちゃんを抱いて小さな子を2人連れたお母さんがすれ違った。
大変そうだけど、幸せいっぱいの顔をしている。

私もやってきたことなんだけど、
どうやって毎日過ごしていたのか あまり思い出せない。
ほんとに必死すぎて。
とにかく完璧なお母さんを目指していた気がする。
そんなのムリなのに。

よく、散歩していると 近所のおばちゃんに、
「大変だねぇ。あんたよく頑張ってるねぇ。」
なんて ほめられた。
ほんとによくやってたと思う。
その時は、自分にとっては それが当たり前だったから、
何が偉いのか分からなかった。

今の私だったら同じことできるかな。
たぶん あたふたと戸惑ってしまうと思う。
ほんの数年前のことなのに、もう忘れてしまった。

どうせ忘れてしまうのなら、
もうちょっと気楽に 毎日を楽しめていたら、
と今さら後悔している。
ラベル:赤ちゃん
posted by クロ at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

◆子育て版 言うは易し行うは難し

二女は、夏休みの勉強を誰にも見せない。
けれど毎日机に向かっている様子なので、
特に覗きに行かないことにした。
とはいえまだ低学年なので、
本人がいないときにこっそりチェックする。

感心することに、漢字練習だけは、
夏休みが始まった日から欠かさず日付が連なっている。
一つのことを毎日続けいてることにびっくり。
毎日お風呂を洗う約束も、一日も欠かさない。
この努力はきっと自信になるだろうな。
飽きっぽい母、見習わないと。
しっかり者の二女、今日で8歳になる。

posted by クロ at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。