2009年08月17日

◆子育て版 五里霧中

結婚し、子どもが増える。
そのことに自分の心が着いていけない時期があった。

自分がお母さんになっていて、
来る日も赤ちゃんを相手にしていることが
他人事のように思えた。
抱っこしている自分を鏡に映しては
私がこの子のお母さんなんだと 言い聞かせたりもしていた。

ただ毎日無事に一日が済むように、
淡々と目の前のことをこなすだけで精いっぱい。

手放しでかわいいと思う余裕がなく、
子どもたちには本当に気の毒だった。

今は、その霧も晴れ、
子どもたちを 心から愛おしいと思えるようになった。
もう少し早く こんな気持ちが持てていたら…なんて反省はするけど、
時間は取り戻せないし、どんどん過ぎていく。

今、元気でいてくれることに感謝して、
精一杯 愛情を注いで行くことが 私の懺悔だと思っている。

posted by クロ at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。