2009年08月23日

◆子育て版 持つべきものは子

こんな言葉、信じられない時がある。

日々の生活に追い立てられて、
反抗する子に手を焼いて、
自分の時間がほしいとわがままが出て、

理由はいろいろだけど、
子どもが大事と いつも心から言えるとは限らない。
そんな母、冷たいようだけど、本音の本音。

そんな時、昔の写真を見てみる。
小さいけど、強い意志をもっているような生まれたての赤ちゃん。
よくぞ ここに来てくれたと、感謝したくなる。

実際、子どもに助けられているところはたくさんある。
っていうか、今や、子どもなしの生活なんて考えられなくなっている。

ふとした言葉から
親を喜ばせ、泣かせ、教訓を残してもくれる。
親の生き方まで変えさせてしまうような 子どもの存在は、
やっぱりすばらしいと思う。
posted by クロ at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 冷たい親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。