2009年10月31日

◆子育て版 以心伝心

母になりたての頃の話。
赤ちゃんが お腹に命が宿ったと知ってから、
自分の今までの生活が がらりと変わって、
体第一の日々が始まった。

そしていざ、母になると、またまた状況が一気に変わる。
生まれてきた子は 身の回りのこと 全部やってあげないと生きられない。
突然めまぐるしく 忙しくなる。
母になった実感をしみじみ味わっている心境ではない。

我が子がいとおしいという気持ちはもちろんあるが、
私は、目の前でもぞもぞ動く小さなモノに変な錯覚をしてしまっていた。

『これは私の分身。
私のお腹の中に十カ月もいたのだから、私たちは以心伝心なのよ。』

そうではないことに気づくのは、だいぶ後だった。
子どもたちも違和感があったことだろう。

「おかあさんと じぶんは ちがうにんげんなんだ。」

おっぱいを吸いながら、
ハイハイしながら、
あんよしながらも、
そう思っていたのかもしれない。
ラベル:おかあさん
posted by クロ at 00:44| Comment(12) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

◆子育て版 口車に乗せる

「お母さんが、もし新しい車を買ったとしたら、うれしくてどこかへ出かけたくなるでしょう。」

二女が突然聞いてきた。
何を急に言い出すのかと思いながらも、
頭の中では一瞬に、「どの車にしよう、どこへ行こうか…、」
と、色んな妄想がふくらみ、楽しくなった。

話には続きがあった。
「それとおんなじでね、私は 新しいシールを買ったら、友だちに見せたくなるよ。」

ん?

何が言いたかったのかというと、友だちを家に呼びたいということだった。
シールを見せたいと。
もちろんかまわない。

驚いたのは、
二女が、自分のしたいことを話す前に、母が食いつく話題を提供したこと。
私もつい、新車でドライブすることを夢見て いい気分になった。
シールを買うと、それと同じぐらい わくわくするんだよ、ということが言いたかったみたい。

話の展開の上手さに 感心する。
そんな技術、どこで習得したのか?
今回は、だまされたわけではないが、
うまく操られたのは確かだった。

posted by クロ at 00:48| Comment(12) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

◆子育て版 五十歩百歩

末っ子長男、たとえ家の中ではチビでも、
近所の男の子の中では、お兄さんだ。
今のところ、4人の‘子分’がいる。
彼らは、息子のことをカリスマ的存在として、崇めてくれている。
いいことも悪いことも真似してしまう。

ところが、ひとつしか年の変わらない‘子分’は、
だんだん自分のことを主張し始めてきた。
親分は、手に負えなくなってきたわけだ。

ある日、長男が、泣いて帰ってきたので、訳を聞くと、
やはり‘子分’の反撃にあったのだそうだ。
今までみんなが自分についてきてくれて、思い通りに遊んでいたので、
こんなことは、とても許せないようだ。

そして、最後の捨てぜりふ。

「とししたのくせに、いばってくる!!」

あなた、年下って言ったって、何か月しか変わらないのよ。
五十歩百歩じゃない。

たとえ子どもであっても、男の世界の上下関係は 厳しい、ということか。


posted by クロ at 00:29| Comment(18) | TrackBack(0) | 子の気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

◆子育て版 奥歯に衣(きぬ)を着せる

昨日のことをまだ引きずっているが、
『コトワザ子育て』が100回続いたことで、
たくさんのコメントをいただき、とてもうれしかった。
有頂天になって、家事も気持ち良くこなすことができた。

やっぱり人に誉められたり、期待されると人は自然に行動できるものだ。
身をもって体験できた。

さて、では自分の子にも実践。
言いたい小言はすべて飲み込んで、奥歯のほうへ押し込む。
衣をかぶせておくとする。

慣れない誉め言葉に、歯が浮く、目が泳ぐ、へんな唾が出てくる。
腹の中では、正体不明のイライラする物質が分泌されているよう。
言いたいことを我慢するのは、かなりの精神力が要ることが分かる。

こんな母の葛藤をよそに、
いつもの賑やかな子どもたち、なにも変わっていない…ように見える。
が、不思議なことに、自然と自分からの周りのことをこなしていた。
母があれこれ言わなくても…。

効果てきめん。
後は母の忍耐力さえ備われば…、それが一番ムズカシイ。


posted by クロ at 10:11| Comment(8) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

◆子育て版 自画自賛

『コトワザ子育て』が100回目を迎えた。
子育て中の母として、きれいごとではない本音を、
そして 少しでも元気になれるような話を 飛ばすよう心がけた。
自画自賛したい気分。

毎日続けているうちに、少しずつ読んでくださる方が増え、
コメントも毎日いただいていて、いろんな方とやり取りができるようになった。
100日前には想像もしてなかった世界が自分の中で広がり、ブログのすごさを実感している。

楽しくて夢中になってしまう。
でも逆に、子どもについて、考えさせられることもたくさんあって、落ち込んでしまったこともあった。
よその家との違いに落胆。

子育てブログをやっているお母さんが、子どもに悲しい思いをさせるようでは説得力ない。
立ち止まって、自分自身を振り返るきっかけにもなった。
これからも、いい出会いと、いい成長ができるよう、
続けていこうと思う。

何よりも、
夜な夜なパソコンに向かう私を 黙ってみていてくれている主人に、感謝。

posted by クロ at 00:24| Comment(12) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

◆子育て版 怪我の功名

行事が多く、忙しくも楽しい秋。
今年はインフルエンザの流行で、
ひとつの行事が近づくたびに、
中止になりはしないか、うちの子たちはそれまで元気でいられるのか
いつもと違う心配を たくさんしなくてはいけなかった。

出かけたら、それはそれで心配で、夜中に何度も3人のおでこを触って 熱がないか確かめて回る。
おかげさまでみんな今のところ元気だ。

そろそろうんざりしてきたが、何か得るものは あったはず。
この騒ぎでの‘功名’と言えば、
子どもたちにもしっかり手洗いうがいの習慣がついたこと。
いつもに増して子どもの命を守る意識が強くなったこと。
行事の縮小により、がっかりはしたものの、それなりに楽しむことができたこと。

少しペースを落として何が大切かもう少し考えなさい、
という、神様のお知らせだったと思いたい。

posted by クロ at 10:58| Comment(7) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。