2009年10月01日

◆子育て版 猫は三年の恩を三日で忘れる

子どもは、さっきの恩はすぐ忘れる。

子どものためにとやっていることも、
無意味に思えて空しくなることがある。

せっかくたたんだ洗濯物、一瞬で崩す、とか、
リクエストされたメニューが失敗し、責められる、とか、
宿題を教えている時、分からなくなって逆ギレされる、とか。

振り返れば自分もそうだった。
親のありがたみが分からず、よく困らせた。
今思い返すと、申し訳なくて恥ずかしくなる。

…ということは、
猫は三日で忘れてしまうけど、
子どもは三十年もたてばまた思い出すのだろう。

子育て、今だけのためにやってるんじゃない。
先を見つめていこう。

それにしても先は長いな。

posted by クロ at 00:50| Comment(9) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。