2009年10月08日

◆子育て版 風は吹けども山は動ぜず

周りでどんなに騒いでいても、惑わされずにゆったり構えている人。
私は程遠いな。

台風の接近、上陸で、かなり動じた母。
‘非常に強い’と聞いていたので、家の周りを点検し、
水も買い足し、網戸も固定した。

風の音で目が覚める。
子どもたちも、この時を待っていましたと言わんばかりに起きてきた。
風雨の勢いが増すごとに子どもたちのテンションもどんどん上がった。
今日は休みだと聞いて、さらにはしゃぐ。

そうとなれば、母は今日の予定はキャンセルで、
もちろん昼ごはんも作ることになる。

ただそれだけのことなのにものすごく動じた。
たまった洗濯物、じめじめした部屋の空気、ゴーゴーと音を立てていく風と騒ぐ子ども、
全部が自分の敵とまでも思えてきていた。

午後、青空が出てくる頃、、やっと母の大型台風も少し勢力を弱めた。

posted by クロ at 13:47| Comment(6) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。