2009年10月11日

◆子育て版 名は体を表す

長男の運動会があった。幼稚園最後の運動会。
我が家にとってもこれで最後となった。
それだけに、行く前から期待も大きかった。

本人も、やる気十分で、
毎日のようにかけっこの練習の順位を教えてくれた。
はじめは、「ぼくよりおおきいこばっかりだから、やばいよ。」と、自信なさげだった。
でもなんとかいい順位をとりたいという気持ちがすごく伝わって来ていた。
いつも3位止まりだったが、ある日、幼稚園バスを降りるなり2位になれたと教えてくれた。
とてもうれしそうだった。

本番では、名誉の3位をとった。接戦だった。
家での甘えん坊ぶりは全く感じさせない、男らしい走りだった。
最後の年長のリレーでは、今で見たことのない真剣な顔つきで前に走る子に食らいつき、気迫で抜かした。
とてもいい勝負だった。

帰りに「リレーみてた? ぬかしたんだよ。」
と誇らしげに話す彼の名札に 書かれた名前が輝いて見えた。
名前の通り、でっかく育ってくれていることが、すごくうれしく誇らしかった。
posted by クロ at 01:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 子の気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。