2009年10月13日

◆子育て版 習うより慣れよ

うちの子どもたちは、【÷3】に強い。
三人姉弟の中では、どうしても【÷3】が早くできないと、生き抜いていけない。
食べ物を分けるとき、計算でもたもたしていると、不利なのだ。

割り切れるものなら簡単に分けられる。
割りきれなかったら余りはどうするか。
めんどくさくて余りは私に回ってくる時もあるし、
余ったものをさらに割って平等にすることもある。
そのやり取りは、いつ見ても面白い。

6才のチビでも、お姉ちゃんたちにだまされないよう、日々【÷3】の腕を上げている。
割り算を習った長女が、
「…えぇっと、10÷3だから…、サンイチガサン、サニガロク…」
なんてぶつぶつ言っている間に息子は必死に指を折って、
「3こずつで1こあまるんだよ。」と得意げに教える。。
お姉ちゃんとしては立場がなくて、
「今、割り算しているからだまってて!!」
と怒るのだが、もう答えが分かって早く食べたい弟にとっては、じれったい。

学校で習った知識より、生きるための計算の方がよく身に付く、ということがよくわかる。

posted by クロ at 00:41| Comment(7) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。