2009年10月17日

◆子育て版 竜と心得た蛙子

なんだか がっかりするコトワザだ。
竜だと思っていた子が 実はカエルだったなんて。

誰でも自分の子は優れていると思いたい。
私は3人の子を授かったが、
生まれたときは どの子も竜になると思い込んでいた。
でも、大きくなるにつれ 実はやっぱり親と同じ蛙でしかなかったとわかってくる。

蛙と竜、やっぱり竜のが立派に思えるけど、
蛙も蛙で愛嬌があってかわいらしい。
道端ででケロケロ鳴いて人を和ませることは竜にはできないだろう。
うちの子どもたちも、そんな蛙になってくれればいい。

と言いながら、万が一竜になるかもしれないと秘かに期待もしつつ…。
posted by クロ at 02:15| Comment(6) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。