2009年10月23日

◆子育て版 言葉は心の使い

外で遊ぶのが大好きな長男。
やることが大胆になってきた。

幼稚園でも 何をしているのか分からないが、
制服を砂で真っ白にして帰ってくる。
母は毎日、夕方に制服を洗う。
翌日までに乾かす手間がかかる。

「お母さんね、洗濯がたいへんだから、あんまり汚さない遊びをしてくださいよ。」
と、いつもより丁寧に頼んでみたが、

「これがねえ、たのしいんですよぉ。」

しみじみとした答えが返ってきた。
まさに心からの言葉だった。
とても満足げな顔をしている。
もう あの顔を見たら 洗濯するぐらい なんてことないと思えてしまう。

男の子だし、これくらいが丁度いいのかもしれない。
今日も砂まるけで帰ってくるんだろうな。
posted by クロ at 00:11| Comment(11) | TrackBack(0) | 子の気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。