2009年11月12日

◆子育て版 案じるより芋汁

昨日の夕飯は、芋ずくしだった。
もちろん芋汁も。
長男は、大喜び。
幼稚園の出来事を またよくしゃべった。

「きょうは せんせいが ないたよ。」
やんちゃで坊主、あんまり手に負えなくて、
とうとう先生を泣かせたのかと思ったら、
「おもしろいはなしをしていて、わらいすぎて なみだがでてた。
なみだのほうせきがほっぺにポチョンって ついてたよ。」

涙の宝石?
そんな表現ができるのかと驚いた。

思えばこの子の1才半健診の時、言葉が遅いのを指摘され、
ものすごく心配したっけ。
結局は、おしゃべりな姉たちに 代弁してもらっていただけだったのだが。
わかっていたけど、保健所で言われると、
自分の子がものすごく遅れているかのように思えて、泣けた。

それが今ではこんな素敵な言葉が出てくるなんて。
あんなに心配していたのがウソのよう。
うちの子、詩人にでもなれるかしら、と、芋汁をすすりながら思った。
posted by クロ at 01:03| Comment(13) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。