2009年11月21日

◆子育て版 罪を憎んで人を憎まず

虐待のニュースは、最近はとても多くて 聞くたびに心が痛む。

「なんてひどいことするんだろうね。」
そうやって私も話題にするけれど、
実は、私もそのお母さんの気持ちがわからなくもない。
というか、よくわかる。
思いつめていた時期があったから。

それを口にしてしまうと 自分まで虐待しているように思われないかと 怖くなるし、
もう忘れたいという気持ちもある。
だから言わないようにしていた。

ケガをさせたり 放置したりはしなかったけど、
気がおかしかったのは確か。
できていたのは、とりあえず けがや病気をしないで一日を 無事に終わらせることだけ。
子育てが楽しい、子ども大好き、というフリはしていた。
実際は、思い通りにはいかなくて イライラする毎日だった。

最近になって、やっと、子どもが 心から可愛いと思えるようになった。
腹の立つ時もある、言っても言っても聞かない子らに呆れてしまうことも、ある。
それでも愛おしいと思えるのは、あの暗闇に迷い込んだような時期があったからだと思う。

今、虐待してしまいそうなお母さんたち、きっと悪い人ではないはず。
子育てに一生懸命で、一人で悩んで苦しくて仕方がないことと思う。

立ち止まって深呼吸できるようになる 何かのきっかけが早く見つかるように、
気持ちを理解して支えになってくれる人が早く見つかるように、
願っている。

どんな状況でも 子どもはお母さんを慕う。
その健気さに 気付ける心を取り戻してほしい。


ニュースになってしまっては、遅いから。
posted by クロ at 00:43| Comment(8) | TrackBack(0) | いじめ・虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。