2009年11月24日

◆子育て版 貧にして楽しむ

我が家にぴったりのコトワザ。
衣食に困っている程ではないが、
贅沢はできない。
みんなが健康なのがなによりもの救い。

そんな家族が買い物に行った時、
子ども3人の意気込みが全然違う。
みんなおやつが買いたいのだ。

まず私の所へ来るのが二女。
「ねえ、お母さん、うちのおやつが少なくなってきたから買ってね、いいでしょ。昨日草取りもやったし、ね、ね、いいでしょ。」と、断るスキを与えない。
そこまで言われると、買う気も失せる。
その横で長女は、
「今日お金持ってこなかったから、買えない。」と遠慮がち。
選んでおいで、というと うれしそうに走っていく。
長男坊主はというと、余裕な顔してついてきている。
ポケットの中でちゃっかり100円玉を握って。
自分の貯金箱から出してきた、と。

たかがおやつを買うだけでも、これだけのストーリーがある、

やっぱり貧でも楽し。
posted by クロ at 00:16| Comment(8) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。