2010年01月31日

◆子育て版 能ある鷹は爪をかくす

もう毎日のことなんだけど、
子どもたちには 同じことを何回言ってもきかない事がたくさんある。
うんざりしてしまう。

そんな母の心を知ってか知らずか
時々急にテキパキ動いている。

なぁんだホントはできるんじゃないの。
もしかして、爪 隠してる?
posted by クロ at 00:15| Comment(12) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

◆子育て版 女ならでは夜が明けぬ

普段以上に気持ちのコントロールができない時、
普段以上に眠たくて仕方がない時、
私は怠けているのだ、と思って、
じぶんにムチ打って頑張ってしまう。
そして空回り。
しばらくすると、ウソのようにすっきりする。

排卵と生理。

今度こそは、と戦ってみても、
どうしても避けることができない。
ホルモンの影響はものすごく大きい。

その 母のホルモンバランスに振り回される子どもたち。
仕方がないと割り切ることなんてとてもできないだろう。
こうなったら母の状態がどうであっても、惑わされない人になってもらうしかない。
『母がいないと…』なんて言わなくてもすむように。

世の中のお父さん方も、この厄介な周期を理解すれば、
多くの謎が解けるかもしれない。
posted by クロ at 00:11| Comment(13) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

◆子育て版 軍配を上げる

二女と長男が、外で遊んでいたが、ケンカになって帰ってきた。
「もうぜったいあそばない! 」
お互いが言っている。
こういう時 私はすぐ軍配をあげたくなってしまう。

二人の言い分を聞いているうちに、余計に話がややこしくなる。
どっちが勝ちか、なんて決められるはずもない。

ケンカの次の日。
「どうせ ぼくがはいっても おこられるだけだから。」
と長男は、すねた様子で窓から外を見ていた。
それを見た二女、「おーい、いっしょにあそばなーい?」
…あんなに遊ばないって言ってたのに。

「いいけど。」

ぶっきらぼうに答えたものの、足取りは軽かった。
スキップで出ていく。
これで昨日のケンカは帳消し。
親の軍配なんて、いらないものだ。
posted by クロ at 00:26| Comment(24) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

◆子育て版 親擦(ず)れより友擦れ

2月が近づき、バレンタインの話題もちらほら出るようになった。
長女は今年は男の子にはあげず、女の子と交換するのだそうだ。
いわゆる『友チョコ』

「そもそもバレンタインって、好きな人にあげるもんじゃ…、」なんて言ってみても、
今どきはそうでもないらしい。
友だち同士でもり上がっているみたい。

好きな男の子にドキドキしながら渡したころが懐かしい。
娘たちも、そんな年頃になったら
ますます親より友だちのが頼りになるのだろう。
posted by クロ at 00:32| Comment(14) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

◆子育て版 どんぐりの背比べ

二つずつ歳の離れた姉弟。
それぞれ性格も興味もやれることも全然違う。

なのにみんな一緒にしたがる私。
姉を押さえつけ、弟に背伸びをさせる。
私が子どもたちをどんぐりのように扱ってしまっている。
どの子も差がないようにしておけば
楽に子育てができる、なんて勘違いをしていた。
合理的とはちがう。
子どもたちにしてみればいい迷惑。

長女のイライラ、二女の癇癪、長男の甘ったれ。
扱いにくいと思っていたが、
実はみんな 私にそのことを 訴えようとしいてたのではないだろうか。

一人ひとり違う人間だということを忘れないようにしたい。

posted by クロ at 00:49| Comment(11) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

◆子育て版 門によりて望む

長女は部活で帰りが遅い。
日が暮れると心配なので、なるべく長女が帰る時間は外に出てみる。
迎えに行こうか迷うところだが、友だちと一緒だし、
女同士でおしゃべりしながら帰るのは、楽しいものだから、
帰り道が見通せる場所で待つ。

ランドセルの鈴の音。
私はしゃがみ、草取りでもしていたふり。
「あ、おかえり。」なんて、待っていたくせに。

最近は、段々日が長くなってきた。
門に寄りかかって待つことも そろそろしなくてよさそうだ。
とはいっても子どもの登下校は、心配なものである。
posted by クロ at 00:21| Comment(18) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。