2010年01月07日

◆子育て版 二度教えて一度叱れ

夕食の時、10歳の長女が 真剣な顔で尋ねてきた。
「ずっと不思議に思ってたんだけどさ、
 なんでご飯のお茶わんは左に置くの?」

耳を疑った。
小さいころからしょっちゅう教えていたことだったから。
『右手で箸を持ったら左手が空く、空いた左手で茶碗を持つから。』
教えたのは二度ばかりではない。叱ったのは一度きりでもない。
何回も、だ。
呆れるほど教えても、今までずっと茶碗の位置は気にしていない様子だった。

今日 返ってきた言葉は、、
「なぁんだそんなことかぁ。」だった。
力が抜けたが、まあここで気づいてよかった、と思うことにした。

子どもに何かを教える時、何回言えば理解できるか なんていう答えは ない。
一度で分かってしまうこともある。
今回のように何年も言い続けなければ分からないことも たくさんある。
むしろその方が多い。
あまりにも伝わらなくて、根負けしそうになるが、
いつか 分かってもらえる瞬間がくるのを信じて
根気よく付き合っていくしかない。

実際自分も 親に言われ続けていて
最近になってやっと心に届いたことがいっぱいあるのだから。
posted by クロ at 00:38| Comment(10) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

◆子育て版 虎を野に放つ

わがまま放題に生きていた娘(私)が3人も子どもを産んでしまった。
子育てなんて簡単で、今までのように なんでも思い通りになると軽く考えていた。
実際は 全く違っていた。
辛抱・忍耐・根気を必要とする大変な大仕事だった。

こんな未熟な母が子ども3人を引き受けるなんて、
まるで虎を野に放つぐらい危険なことだったのかもしれない。

あぁ 今日も子どもたちの幼いへりくつに いちいち腹を立てている。
せめてキバをむいて襲いかからないように気をつけよう。
posted by クロ at 09:07| Comment(6) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

◆子育て版 来年のことを言えば鬼が笑う

そろそろお正月気分も終わり。
生活のリズムを戻さなければいけない。
お正月たのしかったね、なんていいながら、
来年のお正月はどうやって過ごそうか、ということも話した。

来年のことを言えば鬼が笑うというが、
我が家では もうすでに鬼が笑ってしまっている。

それなら今年は一年中
赤鬼も青鬼も 笑っちゃうような楽しい年にしてしまおう。
posted by クロ at 01:10| Comment(8) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

◆子育て版 捕らぬ狸の皮算用

年末の宝くじ、運だめしで少しだけ買った。
「当たる宝くじください。」
と言って買ったくじを手にした瞬間から もう当たった気分になった。

子どもたちも その気になって 思いつく限りの夢を語っていた。、
家はいくらで買えるのか。
車はいくらか。
家はあるから別荘を買おうか。
チョコレートはいくつ買えるのか。

夢はそれほど膨らむことはなく、
普段 いかにつましいかが うかがえてしまい、
少し気の毒になった。
でも、こんな生活もあと少しで終わることだし
そうなったら思いっきり夢を叶えさせてあげようと思った。

トラぬ狸の皮算用
結果は、末等。

「300円も当たっちゃった!! 」と
わざとらしくはしゃいでみたら、意外と喜んでいたので
それもそれでよかったと思うことにした。

今年も地道にガンバリマス。
posted by クロ at 01:14| Comment(10) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

◆子育て版 虎口(ここう)を逃れて竜穴(りゅうけつ)に入る

お正月といえども、家で過ごす以上
母は何かと雑用をこなさなければいけない。

はしゃぐこどもたち。
母にからみついては怒られる。
難を逃れて潜り込んだコタツの中、
父の足をけっ飛ばし 更に怒られる。

虎の母と竜の父。
家の中でも危険がいっぱいである。
タグ:
posted by クロ at 00:57| Comment(8) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

子育て版 虎の子渡し

トラの子が3匹生まれると、
一匹はヒョウになり他の2匹を食べようとする…。
そんな言い伝えが書いてあった.。
うちの子がトラだったら、誰がヒョウなんだろう。
他の2人を食べるの?
考えているとコワくなるのでやめた。

ヒョウとなった子でも 自分の子
他の子が食べられないようにうまくやりくりしてきちんと育てる
トラのお母さんは素晴らしい。
わたしなら、
「なんであなたは いつもそんなにみんなに突っかかるの!!」と、
問い詰めてしまいそう。

トラ年の初めに トラの生き方を知り、
見習うところがたくさんあった。

タグ:
posted by クロ at 00:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。