2010年02月04日

◆子育て版 一念岩をも通す

二女がなわとびをするといって、計算機を持って外に出た。
なんで計算機?

「1000回とんでみたいんだぁ。」
といって、計算機の数字を【1000】にした。
そこから跳べた数、まだ、20や30のレベルなんだけど、
こつこつ引いて【0】にしようとしていた。
いつ くじけるか、家の中から縄の音だけ聞いていたが、
結局最後まで跳びきった。

次の日は、2010回跳んだ。
2010年だから、という理由で。
いつもながら、この子の根性には感心する。

と言っている私のコトワザ、200回も続いた。
毎日ひとつ、200日。

またまた自画自賛である。今度は親子で。
posted by クロ at 00:43| Comment(20) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

◆子育て版 喧嘩過ぎての空威張り

子どものケンカを見ていると、そのやりとりがおもしろい。

「もう、ばかっ」
「いいよー、もうあそんであげないもんねー」
「はいはい あそんでくれなくていいよー」
「なにぃ、かん字書けないくせに。」
「うるさいっ! くいしんぼ!!…あれっ。」

どちらも負けずに言い合ってるんだけど、
最後には言葉もなくなってきて
「くいしんぼ」
が出てきた。
聞いている私も、本人も、言われた方もふきだす。

長くなりそうなケンカは、これでおしまい。
posted by クロ at 00:07| Comment(16) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

◆子育て版 子より孫がかわいい

おばあちゃんは、孫に甘い。

私がこの人に育てられていた頃、
絶対に許されなかったことを孫には平気でやらせている。
「私にはそんなことさせてくれなかったよね。」なんて言っても、
「そうだっけ。」とはしゃいだ声が返ってくる。
その態度の違いにとても戸惑った。

何でそんなに変っちゃったの ?
私もそうやってほしかった…。

私にとって母親は、いつまでたっても私のお母さんである。
ちょっとは甘えたい。
なのに、母は孫にべったり。
嫉妬に似た気持ちがわいたこともある。
子どもに母を取られたような気持ち。
この歳になって全く恥ずかしい話だが。

段々子どもたちは大きくなり、
長女はすでに 母が来てもべたべたとくっついていることがなくなった。
そうしたら、見えてきた。
母との新しい関係。
同じ母同士、同じ女同士の話が少しずつできるようになってきた。

祖父母にとって幼い孫をかわいがることは、
苦労して子どもを育て上げたご褒美みたいなものなのかな。
次は私が恩返しをする番だ。
posted by クロ at 00:25| Comment(18) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

◆子育て版 二月は逃げて走る

学年の締めくくりの時期に入ってきた。
学校の授業参観に 幼稚園の発表会。
子どもたちの成長ぶりを見られる行事が並び、楽しみである。

入学の準備も段々整い、春からの期待も大きい。
三人そろったランドセル、早く見てみたい。

一日一日を大事に過ごしたいところだが、
今年ばかりは二月は早足で過ぎて行ってほしい。

寒いのもつらい。
子どもたちは今だに薄着で走り回っているが
母の気持ちはもう春まで飛んでしまっているので
寒さを受け入れられない。

もうちょっとの辛抱だ。
posted by クロ at 00:10| Comment(16) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。