2010年02月15日

子育て版 絵に描いた餅

ブログで毎日子どもたちの事を書くことは 気持ちが整理できていい。
いろんな方のご意見に励まされ、日々頑張る力になっている。

ところが最近不思議な感覚に陥ることがある。
ブログの中の子どもたちが独り歩きしているように感じる。
私が公開する子どもたちの姿は、家にいる子どもに間違いないのだけれど、
物語に出てくるキャラクターのようにも思えてしまう。
実際子どもたちと一緒にいても、ブログのネタを探していたり。
見栄を張っていいことばかり書いて自己満足に浸りかけたり。

子どもたちは絵に描いた餅ではない。
調子がいい時も悪い時もある、生身の人間なんだ。
ブログの中の子どもたちに飲み込まれてしまってはいけない。

もちろん普段の生活でも、子どもの姿をしっかり見ていてあげることはとても大事なことで、
「うちの子がそんなことするはずはない。」
「あなたはそんな子じゃないわよね。」
などと自分の幻想を子どもに映すことは大変危険なことだ。

これからも、十分注意して ありのままの子どもを見て、
ありのままの母の心境を綴っていきたい。
posted by クロ at 00:25| Comment(8) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。