2010年02月17日

◆子育て版 便りのないのは良い便り

友だち関係が広ると、
家に遊びに行ったり来たりすることも多くなる。

いつまでもわたしが送り迎えをしているわけにもいかないので、
姉二人には、自分で自転車で行ってもらっている。
人目につきやすい道を選んで、車には十分気をつけて、
もし、誰かに声をかけられたら近くの店に逃げなさい、とか、
色んな注意をし、もちろん帰りの時間も決めて。

さあそれから帰るまでの時間、落ち着いてはいられない。
「便りのないのは良い便り」と何度も心の中で繰り返して、
帰りの時間を待つことになる。

子どもが安心して出歩ける世の中にならないものかとつくづく思う。
posted by クロ at 09:39| Comment(18) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。