2010年04月02日

◆子育て版 情けは人のためならず

私はとうに忘れていたことだった。

友だちに2人目が生まれた頃、3歳のお姉ちゃんにも手がかかり、
どうしてもお姉ちゃんの悪い所ばかり目について
怒ってばかりだった時期があったそうだ。
そんなとき、私がそのお姉ちゃんのことを褒めてくれたことがうれしかったと。
そのことを5年たった今でも覚えていて 昨日話してくれた。

何を褒めたのか忘れてしまったが、
健気にお母さんのことを助けようとしている姿に感心したのだと思う。

それを今のタイミングに話してくれたのがすごく私の勇気になった。
私でも、こんな風に人を元気づけることができるんだと 気づかせてくれたから。
自分の子どもたちにも、
こんなに 心に残る言葉をかけてあげられるようなお母さんにならなくちゃ。
仕事に就いても、こんな いい人間関係が築けるようになりたい。

5年前に何げなく言った言葉が、自分に返ってきて 私を元気にしてくれた。
posted by クロ at 00:28| Comment(10) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。