2010年04月06日

◆子育て版 三十九じゃもの花じゃもの

PTAで 知り合った人たちとのランチ。
昨年度 一年間一緒に過ごしてきたのだが、
まだお互いの年齢は 知らないままだった。

『ところでみなさん何歳ですか?』
の話題に 誰が先に言うか探り合いになった。
「私、この前やっと40になったよ。40になった時、うれしかったぁ。」
と、私がきり出すと、一瞬空気が止まった。

私の周りには、40を過ぎてから更に素敵に輝いていらっしゃる方がたくさんいる。
ブログを書いていらっしゃる方でも、年齢問わず憧れる方が多い。
歳を重ねていくと、何が見えてくるのか楽しみだった。

シーンとなった後、「えーーっすごーい、かっこいいー!!」
ものすごく感心されてしまった。
その場にいた全員が、そんなこと思ったことがなかったと。

思えば辛い30代だった。
結婚してすぐ たてつづけに3人の子を授かり夢中で育児。
自分の体も心も環境も、すべてどんどん変わっていってしまう。
適応するのに必死だった。慣れる間もなく子どもは成長していく。
外に出ていく精神的な余裕が全くなかった。
なので自分の視野はどんどん狭くなっていった。

そして今、末っ子が幼児から児童へ。
だいぶ手が離れた。
私の役割は、手をかけるより心を支えることに変わりつつある。
自分の時間が前より多く取れるようになった。

私はやっと自分の人生を進むことができる。
というより『自分の道を進んでいいのだ』と、
自分を解放することができるようになった。

四十じゃもの、もっと生き生きしたお母さんで、
子どもにもかっこいいと思ってもらえるように努力していきたい。
posted by クロ at 23:55| Comment(18) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。