2010年04月09日

◆子育て版 犬も歩けば棒に当たる

犬なら棒、子どもなら…。

石ころだったり 小さな花だったり 虫だったり。
よちよち歩きだった頃、新しい靴をはかせて公園に向かう途中、
いちいちしゃがみこんで地面に落ちているものに 興味を示す。
なかなか歩みが進まない。

私は、やっと歩き出した子どもと 一緒に遊具で遊びたかった。 
手を引くのだけれど、じっと止まって動かない子にイライラ。

だけど子どもにとっては 公園に行くことが目的ではない。
外の世界のすべてのものが目新しく 新鮮で、
それを観察することが楽しかったのだ。

散歩も余裕を持っていかないと、
大事なものを見逃してしまう。
予定変更は大いに結構、というくらいの気持ちでいられれば良かった。
posted by クロ at 06:27| Comment(14) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。