2010年05月09日

◆子育て版 父は天 母は地

子どもを産んで、目に見えない強い絆を感じられるのは 母親の特権だと思う。
両親が同じ思いでその子を迎えたなんてありえない。
いくら夫の支えがあったとしても、実際痛い思いをするのは妻なのだ。
この時点で、男女の役割が違うのは当然。

最近『育メン』という言葉を目にする。
子育てに積極的なお父さんのことらしい。
確かにちょっとしたことでも手伝ってくれれば助かる。
それ自体否定はしない。
上手に子育てに携わっているお父さんもたくさん知っている。
でも、少々騒ぎ過ぎのような気がする。

お母さんたちは、自分の夫と照らし合わせて
もっと手伝ってもらわなきゃなんて思ったりはしないのか。
世のお父さんたちを 追いつめてはいないかと心配になる。
外で必死に仕事をし、
家族のためにと心身ともにくたくたになるまで頑張ってくれているのに
家に帰ったら またひと仕事とは 気の毒すぎる。

大地に足を踏みしめて子どもを大切に育てる母、
それを空から見守り 危険から守る父。

こういう両親の役割の違いがあってもいいと思う。
両人とも地上にいて 道の先を見通せず、
危ない目に遭ってしまいはしないのか。
私の心配し過ぎか。
posted by クロ at 01:32| Comment(10) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。