2010年05月24日

◆子育て版 爪に爪なく瓜に爪あり

紛らわしくて覚えにくい漢字はたくさんある。

『開』と『閉』。
「門に中に斜めに棒が立てかけてあるから 閉まってて入れないのよ。」
『鏡』の下の部分は『心』か。
「鏡には心まで映らないから下の部分は心ではないよ。」

成り立ちがどうなのかは分からないものでも、
勝手に解釈して面白くストーリーを考えてしまう。
子どもたちも興味を持って覚えることができているようだ。

おかげさまで、漢字は嫌いではないみたい。
やはり勉強は楽しんでやれたら身に付くものだ。

posted by クロ at 00:26| Comment(10) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。