2010年08月13日

★浮き沈み七度(ななたび)

今日も来たこの波。
胸がざわざわする。
何かに追い立てられているかのように 焦る。
ついつい悪い言葉が飛びだしそうな口。
やる気も起きない。

たまにこういう気持ちが押し寄せる。
どうにか押し殺して明るく行きたいところだが、
そう思えばそう思うほど苦しくなる。
自分が意地悪になっていく感覚。

何度となくこういう状態になってわかった。
抵抗するのは無駄だ。
ある程度頑張ってみて
もう自分でコントロールができなくなったと思ったら、
薬に助けてもらっている。
「ご家族に(イライラの)被害が及ばないよう。」
と婦人科でもらった薬。

浮き沈み七度。
調子のいい時も悪い時もある。
どんな感情も、自分なのだから、
上手に付き合っていくしかないと思っている。


posted by クロ at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

★虫が知らせる

長女がキャンプに出掛ける前の日、買い物に行った時の事。
いつもは自分のペースで気ままに店を見て回るのだが
その日はやたらとくっついて来ていた。
べたべたと、手まで繋いできていた。

ちょっと心配になってきた。
口に出すのも怖かった。
もしかして、虫が知らせているのか、と。
キャンプで事故にでも遭うんじゃないか。
それが本当だとしても、引き止める理由はない。
そうなったらその時に対処するしかないな
などと色々考えを巡らせていた。

そして当日、慎重に長女の態度を見ていたが、、
淋しいくらいあっさりと、
振り向きもしないで行ってしまった。
「バイバイ」も「いってきます」もなしで。
これなら大丈夫、と思った。
いつものお姉ちゃんだったから。

危険を知らせる虫もいなくなっていたようだ。
三日後には元気に帰ってきた。
よかったよかった。
posted by クロ at 21:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

★安物買いの銭失い

私も子どもたちも大好きな100円ショップ。
夏休みはいつもにも増して通う頻度が高い。
安い ということに加え、なによりも 涼しい。
家にいても暑いから、という時 立ち寄るのだ。

そしてついつい買ってしまうどうでもいい物。
水風船、水鉄砲、ちょっとしたパーティーグッズ、
家にあるような小さい文房具・・・。
必ず何か買ってしまう。

そして大体すぐに使えなくなってしまう。
「あぁこれ、百均だからねぇ。」
と言えば誰でも納得する。
すぐに壊れてしまうけど、それでも魅力的なお店、
これからもお世話になることだろう。
posted by クロ at 17:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

★レッテルを貼る

ある朝、家に立ち寄ってくれた母に
仕事場まで送っていってあげると言われた。
せっかくだが断った。
私はその時 自転車で行くつもりで、すでに耳にイヤホンをさしていた。
あの、一人になれる時間が好きなのだ。
私にとっては 『家』と『仕事』を切り替える、大事な時間なのだ。

母は母で、ついでだし 楽をさせてやりたいという親心から言ってくれたのだと思う。
そして、なんで乗っていかないのと怒っていた。
せっかくのいい提案をどうして断るのかということだろう。

よくわかる。
でもそれが辛い。
そして腹立たしくもあった。
「あんたはもう!」
という言葉が背中に突き刺さった。

なんだかこうやってずっときた気がする。

その言葉に続く言葉。
『人の親切を無駄にするんじゃないよ。』
『わがままなんだから。』
『変わってるねぇ、言うこときけばいいのに。』
そういう意味を含んだ母の言葉に 私はいちいち落ち込むのだ。

私は私で考えがあり、途中で変えられると混乱するのだ。
そして、年老いた親のいうことを聞かない事で、罪悪感もわく。
ダメな娘というレッテルを貼られた気持ちはなかなか抜けない。
それならあんな提案はしないでほしかった、と。

最近母に似てきた私。
子どもにも知らず知らずやっていることだろう。
同じ思いはさせないよう
この出来事はちゃんと覚えておこう。
posted by クロ at 15:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

★天の配剤

小学生にもなると、自分の世界を持ち始め、
親が四六時中 子どもの行動を把握するのは難しくなってくる。

親に知られたくない世界も持ち始めることだろう。
自立の第一歩として 喜ばしいことなのだろうが、
心配は尽きない。
ずるいことや、悪いことにも魅力を感じ、
惹きつけられそうになることもあるだろう。

そういう時、私は目には見えないものにたとえて
子どもに諭す時がある。
いいことを積み重ねればいいことが戻ってくるし、悪いことをすれば自分にそれが帰ってくると。
天に恥じないよう 良いことか悪いことか判断してほしいという思いなのだが。
それは、最終的に自分の心に恥じない行動を、という意味も込めているつもりである。

私自身にもしっかり言い聞かせないとな。
posted by クロ at 00:13| Comment(10) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

★酒は飲むべし飲むべからず

久しぶりにたくさんいただいた。
楽しいお酒だっので、ついついペースも早くなってしまった。

それがいけなかった。
酔いも早く回るわ気持ちが悪いわで、
家に帰ったら自分のことをするのがせいいっぱいだった。

あらかじめ、子どもたちには
お母さんは今日は酔っぱらうからと宣言しておいたので、
みんな てきぱきと寝る支度をしてくれていた・・・と思う。
それすらもうろ覚えだ。

床に入り、寝た。
そして今日。
ひどい二日酔いに苦しむ。
もうお酒はこりごり。

お酒はやっぱり ほどほどにしないといけないな。
posted by クロ at 14:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。