2010年08月06日

★鳴く猫は鼠を捕らぬ

10才くらいの男の子に、こんこんと説教をしているお母さんがいた。
図書館なので、声がよく通っていた。
気にするでもなく聞いていたが、
そのうち何にあの子は怒られているのか ものすごく気になってしまった。
本を見るふりして聞き耳を立てた。

「いやわかってない、あなたはなんにも分かってない。
 何回も同じこと言ってるじゃない。
 じゃあ 何が分かってのか言ってみなさいよ。」

そんな話の繰り返しで、
結局 何の話なのかは全然つかめなかった。
男の子も、ポカンとしている。
ああギャンギャン言っていては
子どもの気持ちは捕らえられないだろうに。

そう思いながら聞いているうちに、
私も子どもたちに同じことをやっていることに気づく。
気をつけよう。
posted by クロ at 05:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 子の気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。