2010年08月19日

★清水の舞台から飛び降りる

家からちょっと離れた所に二女と長男を自転車で行かせてみることにした。
本人たちは張り切っている。
私はと言えば、
そう決めたもののやっぱり心配で
自分の決断にまだ迷っていた。
私もついていこうか・・・。
よく知った道なので、大丈夫だとは思うのだが。

安全に行くよう何度も何度も話した。
もしも自分の過失で事故になってしまった時は
相手はどう思うか、周りの人はどれだけ悲しむかもシュミレーションした。
怖がらせて気が変わるのを狙って 大げさに聞かせたが ダメだった。

迷う私の気持ちを察して 二女が提案してくれた。
「私が先頭でゆっくり行くから 
 弟はぜったい私をぬかさないっていうことにしたらどうかな。」
長男も賛同した。
一度、2人だけの冒険がしてみたいんだろうな。
ああ心配だ。考えただけでそわそわする。
でもいつまでも 私の目の届くところに置いておくわけにはいかない。

清水の舞台から飛び降りてみようか。
しつこいほど念を押して、決行することにした。
ああ親って苦しい。
posted by クロ at 06:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。