2010年09月05日

子育て版 男は度胸 女は愛嬌

これ、なんだか違う意味に聞こえるのは気のせいだろうか。
『男は愛嬌 女は度胸』が本来の姿で
実際それではうまくいかないから
男に度胸を、女にはニコニコ笑って見ていることを求めているように思えるのだ。

子どもたちを見ていても、
娘たちのが息子より度胸はあるように思える。
愛嬌はやはり末っ子の息子が一番だ。
でもこれから厳しい世の中を渡っていくのに
やっぱり男の子には度胸をもってがんばってほしい。
そして女の子はあまりにもガンガン攻めてばかりではカワイくないから
笑顔の似合う素敵な女性になってもらいたい。
posted by クロ at 06:50| Comment(8) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。