2010年12月10日

子育て版 草木も眠る丑満時

今年も三人のもとにくる、ことになった。
サンタさん。(関連記事こちら)
丑満時に静かやってくる予定だ。

下の子二人は全く疑うことなく来てくれると信じているが、
長女は結構冷静だ。
ふと もらした一言・・・。

「お母さん、クリスマスプレゼントに変なもの買わないでよ。」

私は 一瞬戸惑ったが、とぼけて返事をした。
「え? お母さんは買わないよ。」
たぶん、もうプレゼントは親が買っているということを気付き始めているのだろう。
まずい、という顔をして話をそらした。

娘 「そういえばさぁ、サンタさんからプレゼントもらえるのって、対象年齢とかあるの?」
私 「うーん、いくつまでだと思う?」
娘 「十五才くらいかな。」
私 「じゃああなたも対象年齢に入ってるからもらえるんじゃない?」
娘 「うん、そうか。」

そんな娘、この時期だけ押し入れから出してくる本がある。
サンタクロースがほんとにいるのか、という話。
そこに出てくる少女の歳は とうに超えてしまっている。
それでもまだ信じていたいのだろう。
その気持ちを大事にしてあげたくて、
プレゼントを用意した。

もう おもちゃではない。
喜ぶものは変わっていっても、
純粋な心だけは変わらずに持っていってほしいと思う。

posted by クロ at 12:41| Comment(14) | TrackBack(0) | 子の気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。