2011年01月28日

子育て版 血は水よりも濃い

夫の誕生日、
帰りが遅いと知っていたが ケーキを用意した。
父不在だが 私と子どもたちは
おめでとうという気持ちを抱きながら 先に頂くことになっていた。

夕飯の時間になり
二階の子ども部屋にいる子らを呼んだ。
長男がすぐ降りてきて配ぜんの手伝いをしてくれた。

準備が整う。
おでんもあつあつで食べごろだった。
しかし、なかなか下りてこない姉たち。
宿題でもやってるのだろうと思い、少し待っていた。
あまり急かしてもよくないだろうから。
それにしても遅すぎる。
だんだん気が立ってくる私と息子。

「ごめんなさーい。」
悪びれる様子もなく下りてきた。
なにをしていたのか尋ねると、
特になにもせずおしゃべりしていたと。
もう おでんは冷めていた。

「せっかくのたんじょう日なのに・・・。」
息子が姉たちに聞こえないくらいの小さな声でつぶやいた。
ちょっと涙目だったのも気になった。

険悪な雰囲気のまま食事が終わり、
私たちの分のケーキを用意すると、
「ぼく いらない。おなかいっぱいだから。」
と、断固食べようとしない。
いつもならケーキは別腹なのに。

これ幸いとケーキをつつく姉たち。
弟の分まで食べてご機嫌だった。

後でこっそり息子が話してくれた。
「ここだけのはなしだけどさ、なんで ケーキたべなかったかわかる?」
もちろんわかっていた。
「せっかくの誕生日なのにお姉ちゃんたちが下りててこなかったからでしょう。」
「うん。」
涙があふれそうになっていた。
「お父さんいないけど おめでとうっていう気持ちで食べたかったのよね。」
「うん。」
「あんたは優しいね。」

もう彼は 泣けて泣けて涙が止まらなかった。
こんなに小さいのに男らしい息子に感動した。

そのあと、ポケモンの絵が描いてある手紙を持ってきた。
「これ、わたしといて。」
大きな字で『おしごとがんばってね。ハッピーバースデー。』
と書かれていた。

夫が帰り、手紙とともに今日の出来事を話した。
そして夫は息子のためにケーキを半分残した。

父と子って、母と娘とは違う何かもっと深い絆があるのように思えた。


posted by クロ at 00:46| Comment(20) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

子育て版 失敗は成功の因

子育てしていて失敗したと思うことが一つある。
まあ、実際は失敗だらけなのだが
ひとつあげるとすれば、と言った方がいいかもしれない。

それは、勉強机を与えたこと。

私自身、子どもの頃から片付けが下手だったので、
自分の机の上や引き出しはいつもぐちゃぐちゃだった。
それでも 自分の城というか縄張りというか、
そういう場所になっていた覚えがあるので
やはり自分だけの場所というものは欲しいだろうと思い
みんな 一年生に上がる時に与えたのだ。
友だちも買ってもらってるし、
ウチの子だけないのは不憫だ、という気持ちもあった。

でもそれはただの見栄だった。

私の血を受け継いでいることもあって
やはりどうしても机の整理がなかなかできないのだ。
女の子は特に何か飾りたい。
勉強していても、結局それが気になって集中できない。
冬なんか、寒いからと言ってリビングで宿題をするし。
低学年のうちは、書いたり読んだりするのを親が見ていてサインするものも多く、
リビングで勉強してくれた方が助かる場合もある。

その様子を見ていたら、なにも一年生だからと言って
勉強机は買う必要がない、と思うのだ。
お勉強大好きで、毎日机に向かう習慣のできている子ならともかく
ウチの子に限っては いらなかった と思う。

初めのうちは目の届く所に お勉強コーナーを作り、
親子でしっかり習慣を付けることが大事。
そして自分の持ち物を大切にし、
自分できちんと管理できるようになったら
そこで初めて買ってやる方が大事に使うのではないか。

そんなことを考えるたびに聞こえてくる。
私の母も「片付けなさい。」っていつも言ってたな。
聞き流していた私、
今なってその言葉が身にしみる。


posted by クロ at 15:06| Comment(10) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

子育て版 馬鹿につける薬はない

部活を頑張って、陽が落ちた後に返ってきたお姉ちゃん。
寒そう。
手も かじかんで色を亡くしている。
その手をさすりながら、
「手が冷たい人は心が暖かいって言われてるの知ってる?」
という話をした。
お姉ちゃんの心はすごく温かいね、
なぁんていうこと言ったって
「当たり前じゃん。外から帰ってきたんだから手が冷たいに決まってるじゃん。」
と、現実的なお応え。

話している横で、次女がそっと部屋を出て行った。
その時は気にも留めなかったが。
返ってきたと思ったら私のほほを触って、

「ほーら、私のおててさわってごらーん。冷たいわよー。心があったかいのよー。」

って。

なに!あなた!!
洗面所で手を洗って冷やしてきたんでしょう。

もうそんな人に付ける薬はないな。
posted by クロ at 10:09| Comment(10) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

子育て版 漁夫の利

今でもつづく、姉妹のけんか。
それも、ほんとにくだらないことで。
お菓子をいくつずつに分けるかとか
いつまでたっても同じようなけんかで盛り上がっている。

最後には、お互い「いらない」と言い出す始末。
けんかしてまでほしくない、と。
半分に分ければいいじゃない、と言っても無駄。
もう意地の張り合いだ。

「そんなら もらっときなさい。」
息子にいうと大喜び。
姉たちはもう後には引けず。
美味しそうに食べてしまう弟を恨めしそうに眺める女子二人・・・。

こんな故事通りの展開、今でもしょっちゅうあるのだ。




posted by クロ at 23:34| Comment(8) | TrackBack(0) | 三人姉弟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

子育て版 帯に短し襷(たすき)に長し

娘がこの年頃になって気づいたことだが、
長女の年代、お店で服や靴を選んでいても、
ちょうどいいサイズがめっきり少なくなってしまう。

小さい子どもや大人のものは
いくらでもあるし、デザインも様々だ。
しかし、服なら140,150pくらい、靴なら22,23pのものは、
ほんとに少ないのだ。
あってもデザインが限られていたり。

我慢して小さめを着させるわけにもいかず、
かといってレディースのsなんかを着させてみると、
体系の違いから不自然になる。

大人でも子どもでもない。
大人と呼ぶには幼すぎる、
でも子どもという風に括ってしまうのは気の毒に感じる。

これって心も一緒だな。

妹たちみたいに無邪気に甘えてみたい。
でも子ども扱いしてほしくない。
お姉ちゃんの葛藤がいつも見え隠れしている。
こればかりは私は代わってやることはできない。

時に行き場のない感情をぶつけてくることもある。
それでも他人が入るとスッと気持ちを入れ替えて挨拶なんかしているところをみると、
これで十分 大丈夫なんじゃないかと思える。

的になる私は、それこそ行き場のない感情がグルグルと渦巻いて
はらわたが煮えくりかえるのだが。

子どもにも大人にもなりきれない難しい年頃なのだと
大きな心で見ていてやるしかないのだろうな。
posted by クロ at 00:31| Comment(10) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。