2011年01月19日

子育て版 失敗は成功の因

子育てしていて失敗したと思うことが一つある。
まあ、実際は失敗だらけなのだが
ひとつあげるとすれば、と言った方がいいかもしれない。

それは、勉強机を与えたこと。

私自身、子どもの頃から片付けが下手だったので、
自分の机の上や引き出しはいつもぐちゃぐちゃだった。
それでも 自分の城というか縄張りというか、
そういう場所になっていた覚えがあるので
やはり自分だけの場所というものは欲しいだろうと思い
みんな 一年生に上がる時に与えたのだ。
友だちも買ってもらってるし、
ウチの子だけないのは不憫だ、という気持ちもあった。

でもそれはただの見栄だった。

私の血を受け継いでいることもあって
やはりどうしても机の整理がなかなかできないのだ。
女の子は特に何か飾りたい。
勉強していても、結局それが気になって集中できない。
冬なんか、寒いからと言ってリビングで宿題をするし。
低学年のうちは、書いたり読んだりするのを親が見ていてサインするものも多く、
リビングで勉強してくれた方が助かる場合もある。

その様子を見ていたら、なにも一年生だからと言って
勉強机は買う必要がない、と思うのだ。
お勉強大好きで、毎日机に向かう習慣のできている子ならともかく
ウチの子に限っては いらなかった と思う。

初めのうちは目の届く所に お勉強コーナーを作り、
親子でしっかり習慣を付けることが大事。
そして自分の持ち物を大切にし、
自分できちんと管理できるようになったら
そこで初めて買ってやる方が大事に使うのではないか。

そんなことを考えるたびに聞こえてくる。
私の母も「片付けなさい。」っていつも言ってたな。
聞き流していた私、
今なってその言葉が身にしみる。


posted by クロ at 15:06| Comment(10) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。