2011年11月12日

せん週のせん

息子の宿題を見ていた。

「お母さん、せん週の‘せん’ってどう書くんだっけ? 教えて。」
何にも考えずに教えてと言ってきた子と、辞書で一緒に調べた。
「さしすせ…ん、ん、し、しゅ…」
めんどくさそうにしていたけれども たどる指が【先週】を指した時
とてもうれしそうに私を見上げた。

「お母さん、ろくは49、だよねぇ。」
「ろくしち42だから、6たすといくつになる?」
「あぁ! そうだねぇ。」
またキラキラした目でこちらを見る。


私は子どもが学校から帰る時間には家にいたいと思っている。
いるからといって、子どもにいい影響ばかりとは限らない。
つい、いろんなことが目について 口うるさくもなってしまう。
こんなことなら夕方まで働いて、家計を助けた方がいいのかな。
私がいなきゃ、なんてそんなこと私が勝手に思っているだけなのかもしれない。

だけどやっぱり子どもが家にいる時は私も家にいたい。
今日のような、ちょっとしたやり取りで、あんなに喜んだ顔が見られるのは今だけだと思うから。
それで働く条件が合わずに 本当にやりたいことを諦めたとしても、
収入が多少すくなくっても、
それでもいいと思っている。
全く不器用なやり方だけれども、
私はこのやり方でいきたいのだ。
posted by クロ at 01:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 働くお母さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。