2012年07月07日

今日は七夕

職場でも飾っていた。
ご近所さんも、小さいお子さんが多いので、玄関先に飾っている家が多い。

七夕の笹。

夫が何気なく言った。
「そういえばうちはもう笹がないなぁ。」
下の子が小学生になって3年目。
もう笹を飾ることも忘れていたぐらい。

お願いごと書いたり 飾りを作ったりするのも楽しかったけど
もうそういうことを一緒にする歳ではなくなってしまった。
不思議とさみしくはない。
むしろここまで無事に健康に育ってくれただけで十分。
今年も、笹には願いはかけないけど
みんなで空を見上げてみようか。
posted by クロ at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

今日はどうだった?

息子が帰ってくる。
その表情から 今日もいい日だったのがうかがえる。
だけど 学校の様子を聞こうとすると口を閉ざす。

「ふつうの日だった。」
「知らない。」
「わすれた。」
「まあまあだった。」
「以上!!」

ちょっとぉ。もうちょっとお母さんとお話ししてよ。
さっさと宿題を済ませて外に遊びに行ってしまった。
なんかさみしいな。
posted by クロ at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

家でも学校でも

二女が学校から帰って テレビがみたいなと言っている。
「宿題やってからだよ。」
と声をかけると、いつもならわかってるとか言って怒るところが
その日は呆れて戻ってきた。

「あのさぁ、お母さんの話し方、先生といっょなんだよね。
 先生と一緒のこと言うし、いい方も一緒なんだよねぇ。」

そこで聞いていた長女も 二女の先生のことはよく知っているので
そういえばそうだね、と言って笑っていた。
学校にいても家にいてもおんなじ人がいるみたいだと。

お母さんみたいな先生、
素敵じゃないか。
ねぇ二女ちゃん。
posted by クロ at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

便利になるということ。

学校のホームページは
色んな情報を得ることができてとても便利だ。
連絡事項のメール配信も、
どこにいてもお知らせが届くから便利。

私もよく学校のホームページを開いては、
子どもの様子をしっては安心していたころがあった。
テレビのCMのように、『詳しくはホームページに…、』なんて手紙に書いてある時もある。
だけど、それに慣れてしまってはいけないような気がする。
子どもが責任を持って 連絡事項を家の人に伝えることが疎かになってしまわないか。
親が勝手に調べて把握しているだけでは、
何のための学校なのか わからなくなってくる。
学校と家庭の間には、子どもがいることを忘れてはいけないのだ。

そういう理由で、私はもう学校のホームページを開かなくなった。
私が知らないことは、子どもが私に知らせなかったから。
それは結局自分が困るのだ、ということを学んでほしいと思う。
posted by クロ at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

わかりやすい見出し

息子の教室に立ち寄った時、
昆虫についての新聞が作ってあった。
息子のを探してちょっと驚いた。
見出しが立派だったのだ。

『さなぎ死す』

周りにいたお母さんたちには誉められたが、
私はピンときた。
普段家でよくマンガを読んでいるのだが、
あれは、あれだな。

家に帰って聞いてみた。
「ブラックジャックでしょう。」
「よくわかったね。なんか前読んだんだよねー。」

って。
マンガも学習に役立つものだ。
posted by クロ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。