2012年07月02日

便利になるということ。

学校のホームページは
色んな情報を得ることができてとても便利だ。
連絡事項のメール配信も、
どこにいてもお知らせが届くから便利。

私もよく学校のホームページを開いては、
子どもの様子をしっては安心していたころがあった。
テレビのCMのように、『詳しくはホームページに…、』なんて手紙に書いてある時もある。
だけど、それに慣れてしまってはいけないような気がする。
子どもが責任を持って 連絡事項を家の人に伝えることが疎かになってしまわないか。
親が勝手に調べて把握しているだけでは、
何のための学校なのか わからなくなってくる。
学校と家庭の間には、子どもがいることを忘れてはいけないのだ。

そういう理由で、私はもう学校のホームページを開かなくなった。
私が知らないことは、子どもが私に知らせなかったから。
それは結局自分が困るのだ、ということを学んでほしいと思う。
posted by クロ at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。