2012年08月29日

生意気な娘たちとの会話

二女 「お母さん、ガードルってなんではくの?」
私  「こうやってはくと、お尻がきゅっと上がるしお腹も…」
長女 「だってガードルはいてもお尻が2段になってるよ。」
二女 「そんなんではOLになれないよ。」
長女 「プププ…(笑)。」
私  「保育士だからいいのだ。エプロンで隠れるから。」
長女 「よかったね、保育士で。いい職業見つけたね。」

自虐ネタだけどもそれでも会話が楽しい。
今にみていなさいよ、という気持ちを腹に持ちつつ。
posted by クロ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月20日

ほんとうのともだち

「なんかさぁ、よくけんかする子の方が 私好きだわ。」と二女。

自分の本心をさらけ出せない友だちと付き合うのが疲れるらしい。
この前も、そういう友だちに誘われて遊びに行ったものの
ぐったりして帰ってきた。
どんな子とも仲よくするのは大事だが、
無理して付き合うことはないことを話した。
「だけど断ると何言われるかわからんもん…。」
何を言われたっていい、ほんとの友だちを見つけてほしい。

一方、今 一番仲がいい友だちは、
彼女が言うとおりよくけんかをしている。
親同士で 「あの子たちどうなっちゃってるんだろうね。」
なんて心配したこともあるくらい。
絶対遊ばないと言ってたかと思えば 毎日のように家を行き来したり。
気が合うんだな。

そんな、人との関わり方も全力で学んでいる二女、
今日が11才の誕生日。
ますます輝くあなたがすてきです。
このまま、強くて優しい人になっていってね。

おめでとう。
posted by クロ at 06:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月15日

おじいちゃんがいるから

父のお墓参りに行ったとき、
もう日が暮れていて真っ暗だった。
お盆で、所々ろうそくが灯っているお墓があり、
一見、うす気味悪いような雰囲気もあった。
そんな中、ずんずん歩いていく私の後ろを
息子がついてきていた。
「お母さん、おじいちゃんがいるからこわくないんでしょう。」
その通り。
いつでも ここから見守ってくれているのだ。
それを口に出して話せる息子が素敵だなぁと思った。

真っ暗でよかった。
涙見られなくって。
posted by クロ at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月14日

おめでとう9才。

自分の年齢を覚えられなくなって更に、
子どもの年齢もわからなくなってきた。
薬を飲ませる時もいちいち歳を聞く。
「またわすれたの? 9才だよ。」
「ああ9才ね…、ん?ほんと?」
「まだだけどもうすぐ。」

もうすぐといっても ずいぶん前から9才って言ってた気がする。
早く大きくなりたかったんだな。

早く大きくなってほしい、
だけどいつまでも かわいい坊やでいてほしい。
いつまでも ちょっとした私の変化に気づいて誉めてくれる、
ちっちゃい恋人でいてほしい。
まだまだ一緒に手をつないで歩きたい。
抱っこもおんぶも体がもつ限りするよ。
バドミントンもキャッチボールもいっぱいしようね。

姉二人に挟まれて すやすや寝ている息子、
お誕生日になったよ、おめでとう。
ほんものの9才になったよ。
posted by クロ at 00:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。