2012年11月24日

今年のクリスマスは…。

「お母さん、サンタさんってほんとは親なんでしょう?」
「ダメダメっ!それ言ったらプレゼントもらえんくなるよ。」
「そっか、シーだった!!」
人差し指を口に当てて、それ以上話すのやめようと目くばせする二女と息子。
私は何にも言ってないのだが、
サンタさんのことを信じていないとプレゼントがなくなると思っているらしい。
いつまでも無邪気に信じている子どもでいないともらえない、と…。
そろそろやめようか。
なんか、子どもに気をつかわせているようで苦しくなってきた。
わざわざ騙されてくれてるみたいにも思えてしまう。
それとも騙されることを楽しんでくれているのか…。

まずはお姉ちゃんだけに白状して、
妹たちにはどうするか 相談しようかな。
posted by クロ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。