2009年10月29日

◆子育て版 五十歩百歩

末っ子長男、たとえ家の中ではチビでも、
近所の男の子の中では、お兄さんだ。
今のところ、4人の‘子分’がいる。
彼らは、息子のことをカリスマ的存在として、崇めてくれている。
いいことも悪いことも真似してしまう。

ところが、ひとつしか年の変わらない‘子分’は、
だんだん自分のことを主張し始めてきた。
親分は、手に負えなくなってきたわけだ。

ある日、長男が、泣いて帰ってきたので、訳を聞くと、
やはり‘子分’の反撃にあったのだそうだ。
今までみんなが自分についてきてくれて、思い通りに遊んでいたので、
こんなことは、とても許せないようだ。

そして、最後の捨てぜりふ。

「とししたのくせに、いばってくる!!」

あなた、年下って言ったって、何か月しか変わらないのよ。
五十歩百歩じゃない。

たとえ子どもであっても、男の世界の上下関係は 厳しい、ということか。


posted by クロ at 00:29| Comment(18) | TrackBack(0) | 子の気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小さい子供なりの『プライド』といったところでしょうか?男の子はやっぱそれぐらいの『負けん気』が必要ですよね^^

長男くんはまた明日、子分たちを教育しに行くのかな?負けるなぁ〜☆がんばってたくましく大きくなってくださいねぇ^^
Posted by まもる at 2009年10月29日 06:39
ふふふ、かわいらしくて、笑っちゃいました。
子供には子供なりの意地がありますよね〜。
大人から見れば、五十歩百歩ですね(笑)

リンクの件、ありがとうございます。
私のほうも、リンクさせていただきました。
今後ともよろしくお願い致します(*^_^*)
Posted by jyujyu27 at 2009年10月29日 08:33
あはは〜
男の仁義なき戦いってことで!!
男の子は女の子よりプライドが高いらしいですからね。
今まで従っていた子たちからの反撃は許されないのでしょうね。

Posted by うさぎの母さん at 2009年10月29日 15:04
わかります。こういうの。大人の目から見るとかわいいというか、なんというか(笑)
こんなふうにして、社会性を身に着けるのでしょう。
Posted by 僕は父親 at 2009年10月29日 15:16
男の子はお山の大将願望が強いと思う。
ただ、ウチの長男などは、参謀こそ影の実力者と考えているらしく、ひたすら大将が何を考えているか、どう行動するかに気を配っているみたいです(笑)。
女の子の仲良しグループと違って、自分の仲間の悪口は絶対言わない、連帯して敵?にあたるなど、見えない男のルールを内に共有していて、ちょっと神秘的でもあります。
これからもどう展開するか、クロッカスさんの長男くんの行動に興味津々です。
 この度、子育てブログ始めました。
もう「お受験ブログ」はコリゴリ(笑)。
良かったら遊びに来て下さい。
Posted by かおり at 2009年10月29日 16:22

クロッカスさん

 お立ち寄り、コメント有難うございます。

 子どもは子どもの世界でいろいろと切磋琢磨しているんでしょうね。
そして大人になっていく。
(^○^)

 またお立ち寄りください。
Posted by 前向きな心と人のぬくもり at 2009年10月29日 22:04
クロッカスさん、いつもありがとうございます♪

長男くん、かわいいですね〜。

年長さんは、憧れる存在なのかと思っていましたが、
だんだん、年中さんも、成長してくるんですね。

うちは男の子がいないので、男の子の世界を教えてもらえて、嬉しいです。

だけど、そうやってもまれて、きっとさらに年下の子をうまく扱えるようになっていくんですよね。

楽しみですね♪

ありがとうございます!

Posted by わたわた at 2009年10月29日 22:14
5歳違いの我が家のこどもたち(姉妹)
YUが小さいころは、そりゃ〜YUは不憫なくらい子分で相手にもされていなかったですが、最近だんだん対等になってきました。
妹が大きくなったってことかな。
Posted by ゆうまま at 2009年10月29日 22:31
まもるさん、朝早くからありがとうございました。
「もう、いっしょうあそばないっ!」って言ってたけど、今日もとっても仲良く遊んでいましたよ。
Posted by クロッカス at 2009年10月29日 22:46
jyujyu27 さん、私もリンクさせていただきました。
これからもよろしくお願いします。
一つ質問なんですが、竹輪の磯辺揚げの上手な揚げ方、知っていたら教えてください。
Posted by クロッカス at 2009年10月29日 22:48
うさぎの母さん、今日もありがとうございます。
リンクさせていただきますね。嬉しいです。
Posted by クロッカス at 2009年10月29日 22:51
僕は父親さん、コメントありがとうございます。
社会性、ですね。ケンカも大事な経験だということがよくわかりました。
Posted by クロッカス at 2009年10月29日 22:53
かおりさん、覚えていてくださって、ありがとうございます。もうお会い(?)できないのかと思っていました。
新しいブログ、拝見しました。『さくらさく…』では、私の知らない世界をたくさん教えていただきました。衝撃的でした。私が口を挟んじゃいけないなと思い、ひそかに読ませていただいていました。
今回は、同じ『おかあさん』という立場でお話ができそうで、楽しみです。これからも、よろしくお願いします。
Posted by クロッカス at 2009年10月29日 23:16
前向きな心と人のぬくもりさん、読んでいただいて、ありがとうございます。
男の子はケンカも激しくて、切磋琢磨もかなり手荒いです。そうじゃないと強く生きていけませんよね。
Posted by クロッカス at 2009年10月29日 23:19
わたわたさん、今日もありがとうございます。そうなんです。自分は年長っていうのが誇りだったんですが、相手も、もうすぐ年長っていう自信がついてきて、そこで衝突しちゃうんですよね。
大丈夫です。今日は、それはそれは仲良く遊んでいましたから。かわいいですよ。
Posted by クロッカス at 2009年10月29日 23:21
ゆうままさん、コメントありがとうございます。MIちゃんとYUちゃんは、5つも違うんですね。年が離れていると、お姉ちゃんがかわいがる、っていうのをよく聞きますが、実際は…、違うんですね。
Posted by クロッカス at 2009年10月29日 23:23
かわいらしいです。

大人から見れば『五十歩百歩』ですが、
子どもは「とししたのくせに…」と感じてしまうのでしょうね。
こうした子供同士の関わりの中で人間関係が育っていくのだと思います。

息子さん、カリスマ的存在として崇められているなんてすごいですね。
これからどのように成長されるのか楽しみです。
Posted by おーちゃん at 2009年10月30日 00:01
おーちゃんさん、コメントをありがとうございます。
いやいや(汗汗)カリスマは大袈裟でした。
年長なので、遊び方がちょっぴりお兄ちゃんぽく、小さい子にはちょっぴり刺激的なだけです。
オハズカシイ。
Posted by クロッカス at 2009年10月30日 00:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。