2009年10月31日

◆子育て版 以心伝心

母になりたての頃の話。
赤ちゃんが お腹に命が宿ったと知ってから、
自分の今までの生活が がらりと変わって、
体第一の日々が始まった。

そしていざ、母になると、またまた状況が一気に変わる。
生まれてきた子は 身の回りのこと 全部やってあげないと生きられない。
突然めまぐるしく 忙しくなる。
母になった実感をしみじみ味わっている心境ではない。

我が子がいとおしいという気持ちはもちろんあるが、
私は、目の前でもぞもぞ動く小さなモノに変な錯覚をしてしまっていた。

『これは私の分身。
私のお腹の中に十カ月もいたのだから、私たちは以心伝心なのよ。』

そうではないことに気づくのは、だいぶ後だった。
子どもたちも違和感があったことだろう。

「おかあさんと じぶんは ちがうにんげんなんだ。」

おっぱいを吸いながら、
ハイハイしながら、
あんよしながらも、
そう思っていたのかもしれない。
タグ:おかあさん
posted by クロ at 00:44| Comment(12) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以心伝心!やっぱ親子はそうじゃないんですか??オイラはまだ理想を追ってるのかな?

いつまでも親と子は繋がって以心伝心でありたいです!

・・・というかじゃぁ自分が自分の親と以心伝心なのか?というと・・・



はい。別の人間でした(汗)
Posted by まもる at 2009年10月31日 02:19
まもるさん、コメントありがとうございます。

言葉足らずでした。
生まれたての子どもは 何もわからないので、丁寧に親が教えてあげないといけないですよね。
たとえばしつけとか、生きる知恵つけることとか。
私はそういうことも、言わなくてもわかると思ってしまっていたんです。お世話はしっかりしていましたが、色んな事を言葉でしっかり伝えるということが苦手、いや、サボっていたんです。
今、大変な思いをしているのは、そのツケが回ってきたのだと思っています。
めんどくさがらずに親の務めは果たさないといけないことを身にしみて感じています。

ベースにそれがあってこそ、以心伝心の関係になれるってことが言いたかったんです。
ご指摘ありがとうございました。
Posted by クロッカス at 2009年10月31日 07:21
こんにちは。
以心伝心…な時もたま〜にあるけど、以心伝心にはまだまだ遠いですよ〜うちの親子も…というより夫婦もまだまだ ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

色々積み重ねて、おばあちゃんになった時くらいに以心伝心が出来るようになるのかな〜なんて(笑)

そうそう甘酒ですが、甘酒と言ってもお酒の入ってないタイプの甘酒なんですよ。薄めて飲んだり、お菓子に使ったり…と色々使い道ありなのです♪
Posted by 子育てかーちゃん at 2009年10月31日 14:14
クロッカスさん、こんばんは☆彡
わかります、とてもよく分かります!!
以心伝心だと思っていたのですが、
先日、『私は、私!!ママと違ってたら、だめなの??』と、娘に言われました(-_-;)
私も、ごめんなさいな、気持ちになりました。
はい。。。
Posted by jyujyu27 at 2009年10月31日 17:25
気持ちを伝える努力をしてこその以心伝心ですよね。
親子だから何でも分かり合えてる、それ以前の努力をちゃんとすることが、無条件に親を信頼してくれる子どもたちへの親が果たすべき責任だと思ってます。
ときどき、これくらいわかるだろー、ってな気分になることもありますが(笑)
Posted by 僕は父親 at 2009年10月31日 20:41
そうですよね〜
お腹を痛めて産んだといってもやっぱり人間同士、お互い初めてづくしの人間ですもんね。
でも、懐かしいなぁ〜。
Posted by うさぎの母さん at 2009年10月31日 20:59
子育てかーちゃんさん、コメントありがとうございます。
そうですね。積み重ねが大事ですよね。
気持ちが伝わらなくてもどかしい時、30年後に分かってくれればいいって考えるようにしています。私自身も、親の言っていたことが今になってわかることがたくさんありますら。
積み重ね、投げ出さないで頑張ります。
Posted by クロッカス at 2009年10月31日 22:17
jyujyu27さん、ありがとうございます。
ズキンとくることを言われましたね。
子どもと自分は違う人間ってことは、いつも意識していないといけないですね。

私も気をつけます。
Posted by クロッカス at 2009年10月31日 22:26
僕は父親さん、私の言いたかったことを分かりやすく説明してくださいました。ありがとうございます。
最初から何でもわかりあえるなんてこと、ないですよね。気持ちを伝えるには『努力』が必要なんですね。
Posted by クロッカス at 2009年10月31日 23:38
うさぎの母さん、今日もありがとうございます。自分の子がいくら自分に似ていても、別の人間ということを忘れちゃいけないですよね。
反省、デス。
Posted by クロッカス at 2009年10月31日 23:41
クロッカスさん、いつもありがとうございます!

私も、自分の分身のように思っていて、
なんで、こんなにわけのわからない子どもなんだ〜!

って思ってました。

自分と違う人間なんだって、わかって、すごい楽になり、
今では、興味津々にみることで、

自分と違うってことを認めることができるようになりました。
同じ同性だからこそ、自分と違うって認めることが難しかったような気がします。

でも、自分から生まれても、本当に違う性格で、違う考えて、驚くほど違う人間なんですよね。

これからも、それを肝に銘じて子育てしていこうと改めて思いました。

ありがとうございます!
Posted by わたわた at 2009年11月01日 00:20
わたわたさん、コメントありがとうございます。
違う人間を興味をもって見る、そういう態度だったら腹も立たないでしょうね。
いいこと聞きました。
ちょっと楽しくなってきました。
実践してみます。
Posted by クロッカス at 2009年11月01日 00:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131624306
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。