2009年11月26日

◆子育て版 蒔かぬ種は生えぬ

二女が学校からキャベツの種をもらってきた。
吹けば飛ぶような小さな粒だった。
「こんなに小さいけど、ちゃんとキャベツになるのかなあ。」
なんて話しながら、種まきをした。
娘は、大きくなるキャベツを想像して 大きめの鉢を選んだ。
毎日せっせと水をやっている。

子育ての種まきも一緒だろう。
蒔かぬ種は生えぬというが、
蒔いた種ならいつか芽を出す。
芽を出すのは子ども自身。
親は鉢と環境を整えるだけでいいような気がする。

さて、私の種まきは といえば、
鉢が小さかったり、
水やりを怠けたり、
雑草に埋もれていたり…。
どんな実がなるのか、とても心配だ。

植物も子どもも、過酷な環境で育った方が 丈夫に育つだろう、
なんて 都合よく言い訳しながら
大事そうに種をまく娘の背中を見守った。


posted by クロ at 00:54| Comment(12) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に環境って大切ですよね(^◇^)雑草にするのも立派は鉢植えにするのも腐らしてしまうのも親の作りだす環境の影響って大きいですよね(-.-;)

うちはまだまだこれからですが…願うのは真っ直ぐにスクスクと大きくなってくれ!だけです(^◇^)┛
Posted by まもる at 2009年11月26日 05:13
おはようございます♪
キャベツ、育つのが楽しみですね!!
うちは、一人っ子なので、
環境を整え・・・
ついつい、口出し手出し・・・(-_-;)
日々、反省しております。はい。。。
Posted by jyujyu27 at 2009年11月26日 08:29
まもるさん、コメントありがとうございます。
枯れちゃってダメだと思っていた鉢植えも、種がこぼれて芽を出していたり、
冬しか持たないって言われているお花が暑い夏を超して また花を咲かせたりっていうことがあります。
なんか子育てにも似ているなあと思います。
たくましく育ってほしいですよね。
Posted by クロッカス at 2009年11月26日 08:57
jyujyu27さん、今日もありがとうございます。
子どもに手を差し伸べたり、何かを話すのって、どの程度、どういうタイミングでするのか、とても難しいですよね。
ちょっと間違えると逆効果ですしね。
がんばりましょ。
Posted by クロッカス at 2009年11月26日 09:01
はじめまして。
ゆうままさんのブログから遊びに来ました。
私も育児中、そしてことわざも好きです。

「蒔いた種ならいつか芽を出す」
そうですねぇ。
育児や教育は、機会を与えることと待つこと、
その2つなのかな、と思います。
翻って自分を見ると、待ててないことばかりですが…。
Posted by すとれちあ。 at 2009年11月26日 09:22
すとれちあ。さん、コメントありがとうございます。私もゆうままさんのブログから、時々おじゃましていました。これからもよろしくお願いします。

私も待つことが苦手です。
蒔いた種は、すぐに芽を出してほしいって思ってしまいます。じっくり待つことが゛大事ですよね。

お花のクロッカスは、寒さと暗さを与えないと芽が出ないんです。
私はいまだに芽が出ません。
思いっきりいい花を咲かせるために、寒さと暗さに耐えている途中です。
Posted by クロッカス at 2009年11月26日 09:41
『育てたように子は育つ』と言いますもんね
子育てはほんとに植物や野菜を育てるのに似てる

土ならして、水やって、肥料やって、時々間引きしたり
形のいい実がなったり形が悪くても味が絶品だったり
なんといっても育てる側に愛が必要なとこが似てる
Posted by ば〜ば at 2009年11月26日 14:08
小さくても大きくてもせっせとお世話して育てる過程に意味があるんでしょうね。

大きく育てキャベツちゃん
てところでしょうか!!
次女ちゃんがんばってね。
Posted by うさぎの母さん at 2009年11月26日 19:03
そうそう、子育てはまさに種まきから始まり、環境を整え、すばらしい青果物を収穫できる。。。日はくるのでしょうかねえ。。。
かなり形のわるい実かもしれませんが、味はいいよ〜っていうことになるといいんですけどね
Posted by ゆうまま at 2009年11月26日 21:39
クロッカスさん、いつもありがとうございます!

キャベツ、大きくなるの楽しみですね〜。

キャベツの種は、図鑑でしかみたことがないので、
私も実物をみてみたいです。
本当に小さいですよね。

子育ても、本当に環境を与えてあげるって大切ですよね。

そして、私の場合、母親がしっかりしていないので、
娘のほうが、しっかりしてくれていて、
こういうのも、悪くないかも?と思っています。(笑)

いつもありがとうございます♪
Posted by わたわた at 2009年11月26日 22:45
ご無沙汰してました。

子どもは、工業製品じゃないから、一から十まで親の思い通りに育てることなんでできないけれど、一方で、育てたようにしか育ってないのも事実。やっぱり、最終的には親の姿にに帰ってくるんですよね。子育てって。
Posted by 僕は父親 at 2009年11月26日 23:13
みなさん、コメントありがとうございます。
たくさんのご意見を読んでいるうちに、私の子育ての種、カラスにつつかれて無くなっていないか、ちょっと心配になりました。

ばーばさん、
そのとおり!私の言いたいこと全部言ってくださいました。
このブログ、当番制にしませんか!?

うさぎの母さん、
苦労して育てるからこそ実った時の感動も大きいのでしょうね。日々の努力を怠ってはいけませんね。

ゆうままさん、
なかなか思うように育たなくて、ホントに気が遠くなります。実がなる時は来るんでしょうか。

スイトピーは、この時期はひょろひょろのツルです。
ホントにこんなに頼りなくって冬を越せるのかしらと思うぐらいですが、暖かくなると、一斉に天に伸び始めます。
子どもたちも、そういう伸びる時期があるんでしょうか。

わたわたさん、
私もしっかりしていなくて、よく失敗します。
指摘されるのはいいんですが、3人分のブーイングが来ると、結構へこみます。

僕は父親さん、
育てたように育つ、そうですね。気をつけていたいと思います。
Posted by クロッカス at 2009年11月27日 00:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133913418
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。