2009年11月29日

◆子育て版 好きこそものの上手なれ

「しゅくだい やってくる。」
といって娘が部屋に上がった。
物音ひとつしないので、邪魔してはいけないと思い 家事をすます。
まだ部屋は静か。
今日は勉強に身が入っていて、素晴らしいわ。
なんて、我が子を見直したりして。

そっと覗いてみると…、
なんと! 絵を描いていた!!
宿題は、ノートを開いただけで、全く進んでいない。
どうしてうちの子は 集中力がないんだと、情けなくなる。

ちょっと待てよ。
この長い間、絵を描いていたとは、
ものすごく集中してたと思われる。

そうだ、うちの子にも集中力はあった。
好きなこと限定だけれども。

ならば、勉強も好きになればいい。
「がんばったら わかったよ。」
「コツがわかって、かんたんにできるようになったよ。」
「ほめられちゃった。」
こういう経験をいっぱい積んで、
知ることの楽しさを学んでほしい。
posted by クロ at 00:53| Comment(5) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですよね!やはり何事も好きにならなくては力も入らないし身にもつかないですよね!

ボクも少年野球の監督してるときに『上手くなる前に好きになれ』『上手くなりたかったら好きになれ』と言ってました^^

まぁ古臭く言うと『野球に恋をしろ』ですかね!娘さんは『絵に恋をした』のかも^^
Posted by まもる at 2009年11月29日 04:35
お嬢さんは絵が大好きなのですね。
好きなこと限定でも集中力があるのはすごいです。
勉強もコツをつかんで、楽しみながらやれれば
きっと好きになってくれると思います。

私も息子には勉強を好きになってもらいたいのですが、
どうやってきっかけを持たせればいいのか
今も昔も勉強が苦手な私にはわかりません。
パソコンならこんなに集中できるのですが…。
Posted by おーちゃん at 2009年11月29日 21:09
勉強が楽しい、という経験をさせることって難しいんでしょうね。
うちはまだ、「お父さんと一緒に何かをすれば楽しい」というレベルなので、そばにいて宿題を見てやっているだけで満足し、とやかく言うことも少ないのですが。
あんまり、先のこと、考えたくないなぁ。
Posted by 僕は父親 at 2009年11月29日 21:44
そうなんですよ〜
YUも勉強に集中してくれればこんなに苦労しないのに〜
さっきもね、ちょっと部屋をのぞいたら、「編み物」していました。。。トホホです。
静かなときは編み物かお絵描きかDVDかゲームです。
勉強きらいなんですよね。でも受験はしたいんだって。おねえちゃんの影響って偉大かも
Posted by ゆうまま at 2009年11月29日 22:36
みなさん、コメントありがとうございます。

まもるさん、
『好きになれ』って言っても本人がその気がないのなら、ダメですよね。
勉強なんて、難しくなると、やりたくもなくなりますが、そこでどうやって好きって思わせられるかが、大人の腕の見せ所なんじゃないかなと思います。

おーちゃんさん、
集中することができないわけじゃないって分かったので、その力を勉強に向けていってくれればいいですよね。
こればかりは、自分でやりなさいというわけにはいかず、毎日子どもたちの心を必死でのぞきながら、言葉を選んでいます。
うまくいくときも、逆効果の時もあって、とても難しいです。

僕は父親さん、
今はそれで十分だと思います。
いずれは自分でやっていかないといけないことですが、お父さんが付いていてくれる、という安心感があれば、勉強が難しくなっても乗り越えていけるような気がします。

ちょうど今、長女が新しいことを習ってきていて、ちょっと彼女には難しかったようなんです。
「分からないからお母さん手伝って〜。」なんて甘えていましたが、何にも手伝うことなんかなく、私は隣の部屋で様子をうかがう程度でした。
しばらくして持ってきましたが、ちゃんと理解していたので感心しました。
何かあれば助けてくれる。とりあえずやってみようって思ってくれたのかな。
あ、これでいいんだ、と思った瞬間でした。
…余談でした。

ゆうままさん、
↑こんな美談になる時もあれば、グダグダドロドロの日もあります。
いえ、そんな日のが多いです。
いつかお尻に火がついてくれればいいんですけどねぇ。


Posted by クロッカス at 2009年11月29日 23:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。