2009年12月23日

◆子育て版 鬼の目にも涙

ここは鬼が島かと思うほど 凶暴なケンカを繰り広げている姉弟だが、
今年、悲しい出来事があった。

夏に、ハムスターを買った。
我が家で初めてのほ乳類。
かまい過ぎたのか、それとも最初から弱っていたのか、
あまり元気がなかった。
それがみるみるうちに弱っていって、
一週間もしないうちに死んでしまった。

その時、子どもたちはそれぞれ反応が違った。
長女は、泣きながら部屋にこもった。
二女は、ずっとそばにいて、亡骸を見守った。うずくまって泣いていた。
長男は、ちょっと泣いたが、すぐ部屋に戻り遊び始めた。
まだ小さいから、あんまり実感がないんだろうと思った。

夜になり、やっと3人とも埋めてやる決心がついたので、
小さな箱に、庭に咲いている花をぜんぶ摘み取って飾った。
長女は部屋で手紙を書いていたらしく、一緒に埋めた。

お別れをすませて家に入ると、
今までおとなしくしていた長男がわっと泣き出した。
ずっと我慢していたのだと。
「ないちゃいけないっておもったんだよぉぉぉ。」
それを見てまたみんなが泣いた。

それぞれ悲しい思いを乗り越えて、
今は2代目ハムスターを迎え大事に世話をしている。
posted by クロ at 00:14| Comment(12) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
悲しいという気持ちを表現するのに
お子さんたち、それぞれの個性が出ていましたね。
長男さんが我慢していたと知って
その思いを受け止めて抱きしめてあげたくなりました。

ちなみに私も子どもの頃
ハムスターを飼ったことがありました。
1週間もしないうちに死んでしまいました。
他の家族はとても悲しい様子でした。
私は短い生涯を悲しんでやることもせず
きっとそのハムスターの『運命』だったのだと
泣きもしませんでした。私は『鬼』です。
大人になった今の方が泣き虫です。
Posted by おーちゃん at 2009年12月23日 01:09
良い話ですね
生き物を飼う責任とてもためになると思います
長男くん我慢してたんだ・・・
なんだか目頭が熱くなりました;;
みんな心暖かいですね^^
Posted by たか at 2009年12月23日 11:44
自分で可愛がって世話をすると、やっぱり情が移るようです。我が家のジョニー。MIだけがちょっぴり悲しそうでした。金魚とはいえ、やっぱりかわいいペットだったみたい。
YUはあっさりしていました。意外とツメタイのかも・・・・
Posted by ゆうまま at 2009年12月23日 21:17
すごい!!全然鬼じゃないですよ!!子供でそこまで感情豊かに育ってるってことはスゴイですよ^^クロッカスさんの育て方・普段の接し方がいいからなんでしょうねぇ!!

本当に子供だからみんなそう悲しむとは限らないですもんね!今回のお話、心が温まると共に長男君の男らしさ、クロッカスさんの子育ての素晴らしさがよく分かりました^^
Posted by まもる at 2009年12月23日 21:29
みんな「鬼」じゃないですよ。素敵な天使たち。
優しい心、いとおしいという気持ち、悲しみ、心の深いところでいろんなことを感じている。いいなぁ、こんなふうに心が豊かに育っていること。
素敵な記事をありがとうございます!
Posted by 僕は父親 at 2009年12月23日 21:47
おーちゃんさん、
コメントありがとうございます。

子どもって結構残酷で、生き物の死を悲しまないどころか、喜んじゃったりする部分ってありますよね。
わたしもそういう経験ありますが、その思いから、子どもには命の大切さを教えてやれるようになれているのだと思います。
Posted by クロッカス at 2009年12月24日 00:22
たかさん、
コメントありがとうございます。
ハムスターは気の毒でしたが、子どもたちにとっては命の大事さを感じるいい機会になりました。
そういうお役目だったのかな、と。
感謝しています。
Posted by クロッカス at 2009年12月24日 00:24
ジョニーがなお亡くなりになったときの、MIちゃんとYUちゃんの対応が意外でした。
思いやりのあるおねぇちゃん、素敵です。
Posted by クロッカス at 2009年12月24日 00:29
まもるさん、
コメントありがとうございます。
育て方なんて、何が良くてこうなったのかは分かりません。めちゃくちゃですから。
多分、この子たちが持って生まれた感性なんだと思いますよ。
ちなみにおねぇちゃんは、お葬式に参列すると、いつも号泣しちゃいます。
Posted by クロッカス at 2009年12月24日 00:34
僕は父親さん、
ありがとうございます。
心が豊かなんて言われてうれしいです。
亡くなった命はどうなるのかとか 神様っているのかとか 最近ではサンタさんは本とにいるのかとか、目に見えないものって子どもはものすごく不思議でちょっぴり怖くて興味があるんですよね。
大事に育みたいと思います。

…それでは一番身近な姉弟仲良く、とはいかないものです。ふぅ〜っ。
Posted by クロッカス at 2009年12月24日 00:40
おはようございます。
またまた、ご無沙汰しておりました。

悲しい出来事なのですが、お子さん達の、すてきなお話ですね。
長男くん、鬼じゃないですよ〜!!
みんな、すごく良い経験になったのではないですか。
生き物を飼うという事・・・大変な事ですからね。
うちの、ハムスターに、ミニうさぎ、1週間で亡くなりました。
なんでしょう??
弱い子だったのかな??かまいすぎたのか??
ナゾです。
それこそ、鬼(母)の目にも涙でした。
Posted by jyujyu27 at 2009年12月24日 05:29
jyujyu27さん、コメントありがとうございます。
うさぎやハムスターは、神経質な性格だから、ストレスで弱ってしまうこともあるらしいですよね。
ペットって可愛いけど、死んでしまった時がかわいそうだから次に飼うのをためらってしまいます。
うちは、我慢出来なくて、買っちゃいましたが…。
Posted by クロッカス at 2009年12月25日 09:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。