2010年02月25日

◆子育て版 苦あれば楽あり

長女がお弁当を持って行く日があって 前日に、
『お弁当おねがいします。たまごやきは自分で作る。』
と書いた手紙を受け取った。

朝、「作るわね。」とキッチンへ来て卵を割り始めた。
私は見ててあげないと と思いながら下の子の世話や洗濯に追われていたら、
何分もしないうちに 卵焼きは出来上がっていた。
いつの間にこんなに手際良く作れるようになったのか。
自分で切り、お弁当箱に詰め、余りは皿に盛ってラップでくるんでくれていた。

長女が出かけて行ったその後、残ったふた切れを朝ごはんに頂いた。
見事に巻かれていて 味もちょうどよく、それも私が作るのとおんなじ味だった。
今まで頂いたどんな卵焼きよりも大切で、食べてしまうのがもったいないくらいだった。
しっかりかみしめているうちに、お姉ちゃんの成長がうれしくなって涙が出た。

最近、長女の心の成長に戸惑ってばかりだったが、
ちゃんと育つところは育っているものだと 少し安心した朝だった。
posted by クロ at 00:51| Comment(16) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
凄い!!卵焼き作れちゃうなんて!!
我が家もお弁当は自分で作りたいと言うけれど...
3人分のお弁当だからついつい
つーちゃんが全て作ってしまうんだよねぇ
味噌汁は作ってもらったりしてるけど...
長女は6年生になるというのに...
反省します
Posted by つーちゃん at 2010年02月25日 03:54
すごいね!クロッカスさんの子育ての成果がその卵焼きの味に全部凝縮されてますよね^^

その二切れ・・・きっと最高だったんでしょうねぇ!やっぱクロッカスさんの子育ては間違ってないよね!!
Posted by まもる at 2010年02月25日 10:11
うん、うん。
なんだか今日はお嬢さんの気持ちがわかる気がしました。

ワタシもこんなムスメだったかもしれないです。

いまでこそ仲良しだけど
当時(中学・高校)は母親とはあまり仲良くできなかったんですね。
だからいっつも母に美味しいお弁当を作ってもらって、感謝してるんだけど
素直に「ありがとう」「おいしかった」って言えなくて。

でも、ワタシの手料理を食べさせてあげることができたときの
母の喜ぶ顔。

なんかこそばゆかった。

母のお弁当(味)は超えられないけれど
母の味で育ってきたからこそ
母の偉大さを知ることができたのかな、って思いました。
Posted by こえだ at 2010年02月25日 13:16
すごい泣ける話だなぁ;;
小4くらいになるとこんな感じなんだぁ
女の子っていいなぁ〜やっぱ。
お弁当手伝うなんてなんて良い子なんすか。
Posted by たか at 2010年02月25日 13:53
お母さんのお弁当の味を伝承してくれるんですね〜。さすが!
我が家は妹のYUが4月から1週間に1回は自分でお弁当を作る。と豪語しておりますが、どうなることやら・・・・
Posted by ゆうまま at 2010年02月25日 22:00
つーちゃん、
コメントありがとうございます。
私も少しずつやらせていかなきゃと思っていても、自分がやる方が早いから待っててね、って言ってしまうことのが多いです。
でもこの卵焼きには驚きました。
Posted by クロッカス at 2010年02月25日 23:58
まもるさん、
コメントありがとうございます。
はい。色んな物が凝縮された卵焼きでした。
朝から泣きながら卵焼きを食べて、変でしたよ。
Posted by クロッカス at 2010年02月25日 23:59
こえださん、
コメントありがとうございます。
頂いた時には学校に行ってしまっていたので、帰ってからお礼を言いました。
まさに‘こそばゆい’顔してました。
そっけない返事でしたが、顔はニヤついて、かわいかったですよ。
私と長女は衝突することが多いですけど、こんなホッとする瞬間がたまにやってくるから日々頑張れるのかもしれません。
Posted by クロッカス at 2010年02月26日 00:02
たかさん、
コメントありがとうございます。
女の子、もう一人!!
うまれたらきっと姫ですよ、姫。
生意気度も全開です。憎たらかわいい。
Posted by クロッカス at 2010年02月26日 00:04
ゆうままさん、
コメントありがとうございます。
うちの学区も中学はお弁当が増えるらしいです。この調子で自分で作っていってほしいです
YUチャン弁当、楽しみですね。
Posted by クロッカス at 2010年02月26日 00:05
いいお話ですね。
お母さんと同じ味が出せるなんてすごいです。
さすが、クロッカスさんのお嬢さんです!
Posted by おーちゃん at 2010年02月26日 00:35
やっぱり子どもは、親を見て育つんですね。いろんなところをちゃんと吸収して大きくなっていく。
こういう出来事があると、苦労がいっぺんに吹き飛ぶ感じ。素敵な玉子焼き記念日です。
Posted by 僕は父親 at 2010年02月26日 09:12
とってもいいお話ですね!
クロッカスさんをしっかり見て大きくなってるんですね。
私もわが子に同じことをされたら泣いちゃいます。。
素敵なお嬢さんですよ〜。
Posted by りこ@のすけママ at 2010年02月26日 20:58
おーちゃん、
コメントありがとうございます。
テキトーな味付けもしっかり受け継がれていて、びっくりしました。
Posted by クロッカス at 2010年02月27日 01:20
僕は父親さん、
コメントありがとうございます。
玉子焼き記念日、いい言葉ですね。
この日はずっと忘れられないと思います。
Posted by クロッカス at 2010年02月27日 01:21
りこ@のすけママさん、
コメントありがとうございます。
この記事のオチになってしまいますが、あんなに感動してお姉ちゃんを見なおしたけど、それですべておりこうさんになるはずもなく、相変わらずグダグダしていました。
全然成長してないじゃん、って余計に腹が立ちました、とさ。
Posted by クロッカス at 2010年02月27日 01:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。