2010年04月28日

◆子育て版 働かざる者食うべからず

私は結婚と同時に仕事を辞め、専業主婦になった。
同時に収入は、ゼロになった。

働かざる者食うべからず

この言葉が何回私に襲いかかってきたか。
「おまえは稼ぎがないのだから、能なしだ。食べる資格もない。」
と言われているように感じていた。
働きながら子育てしている人に対して 引け目を感時ていたことも確か。

いやいや主婦だって立派な労働だ。
これは自分が選んだ道で、誰かと比べるものでもない。
堂々としていればいいのだ、と必死に言い聞かせた。

母として、外で働いている人も、家事に専念している人も、
どれが正しいということは言えない。

ただ どちらにしても、
ストレスをためないで自分らしくいられることが一番だと思う。
お母さんが生き生きしていることが
子どもにとって元気の素になるのだから。
posted by クロ at 00:00| Comment(18) | TrackBack(0) | 働くお母さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
主婦って立派な職業だと思いますよ。
24時間労働ですから・・・大変なんですよね。
私なんて外で働くことを理由に
家事をかなり手抜きしてるだけよ。
専業でやれる人はすごいと思う。

Posted by ままりん at 2010年04月28日 00:32
私は小さな子どもがいるのに
預けて仕事に出ることに引け目を感じています…。
今は失業中で、専業主婦をしているように見えますが
実は就職活動が優先になって家事は疎かです。
もともと自分は不器用で仕事と家事、子育てを上手にできません。
どれも中途半端です。

ですから、クロッカスさんのように24時間休みなく
家庭をしっかり守っていらっしゃる方を尊敬しています。
Posted by おーちゃん at 2010年04月28日 01:05
専業主婦は『三食昼寝付き』っとよく言われるけど...

どこにそんな暇があるんじゃ(怒)

っと思うつーちゃん(;一_一)
専業主婦は専業主婦で大変なんですよね

それに!!『三食昼寝付き』じゃないと
体力が持たない子育て時期だってある
昔、テレビで見た事があるけど
子育て中の専業主婦は
『家政婦』と『ベビーシッター』の仕事をしている事になるから
給料にすると凄い額になるらしいよぉ

つーちゃんなんてボーナス出ちゃうかも(爆)
Posted by つーちゃん at 2010年04月28日 02:26
よーくわかります。
ワタシ、こんなことばかり考えていた時期がありました(といっても今もいろいろ考えていますが)
育児休業中の今、育休とはいえ
無収入のワタシ。
毎日仕事に行ってくれる主人の稼ぎで暮らしていますが
それに深く感謝するとともに
家事育児だけしかやっていない自分を卑下してしまうこともありました。
でも家事育児って重労働ですよね。
責任も大きいし。
子供の将来がかかっているかもしれないんだもの。

お給料に換算したらいくらになるのかってコメント読んだら
気持ちがラクになりました。
でも、もらえないよね〜(泣)
Posted by こえだ at 2010年04月28日 11:00
専業主婦、家事や育児も、立派な労働だと思います。
私は働く一方で、専業主婦の人の方がやっぱり
子どもと過ごす時間とかちゃんととれていたりして
逆に劣等意識になることも…。
どちらがいい、ではないですよね。
どちらもいい^o^/
Posted by すとれちあ。 at 2010年04月28日 15:04
ワタシも上の子の子育て中に
専業主婦していた時期が5年ほどありました。
その時期は外に出てる人がまぶしくてしかたなかった。。。

その時の夫に「誰のおかげで」っていう言葉を投げつけられたこともありました。
(そしてこういうのが離婚へとつながっていくんでありますね)

両方経験して思うのは

どちらの道を選んだとしても
悩みや迷いはつきもの(笑)

だったら
トコトン悩んで迷って
それが生きてくってことなんでしょうね。

主婦の仕事って、金額換算できないとワタシは思います。儲けをだす仕事じゃないものね。
でも
家族を守り、人を育てるっていうのは
魂を磨く仕事。
それ以上に崇高な仕事をワタシは知りません。

Posted by ぽん at 2010年04月28日 21:32
> ただ どちらにしても、
  ストレスをためないで自分らしくいられ  ることが一番だと思う。
  お母さんが生き生きしていることが
  子どもにとって元気の素になるのだか   ら。

この言葉に全てが言い尽くされていますよね。いろんな立場で、いろんな役割をこなしながらみんな生きてるわけだから、やっぱりそこが一番大事ですよね。ついつい、人と比較してしまうけれど、自分を見失わないようにしなくちゃね。


Posted by 僕は父親 at 2010年04月28日 21:56
私は結婚後もフルタイムで働いていました。が、母の介護で専業主婦に。。。
その後も祖母の介護で専業主婦。。。
祖母の死後、パートで働くようになりました。
どの位置が一番大変だったかな〜?と思い起こすと、専業主婦の時です。
介護と育児のダブルパンチも辛かったのかもしれないけれど、金銭的に大変だったり、自分がイキイキとできるものがないような気がして常にイライラしていたような気がします。
自分にとって、いかにイキイキとしていられるかは人それぞれ。家族の生活スタイルや自分にあった道を迷わず進めばよいのだと思います。

Posted by 雀のお松 at 2010年04月28日 22:02
ホントにストレスをためないでいるのが一番ですよね
隣の芝生は青く見える、ということで、専業主婦だったらどうだろうってよく考えます
が家にいることができない性分なので、専業主婦でも地域活動やら役員やらをやっていたかもしれないな〜
Posted by ゆうまま at 2010年04月28日 22:16
ままりんさん、
私は手抜きもできなくて、働いてないのだから家の中ぐらいきれいにしておかないと、と必死になった時期がありました。どれだけ掃除しても不安で、家でくつろげなかったです。
こんな風なら少しでも外に出れば良かったまかな、と今になって思います。
Posted by クロッカス at 2010年04月28日 22:55
おーちゃん、
中途半端、ぐらいでちょうどいいのかもしないですよね。
完ぺきにやろうとすると疲れてしまうので。
Posted by クロッカス at 2010年04月28日 22:57
家政婦とベビーシッター、お給料にしたらいくらなんでしょう。
つーちゃんなんか、すごいでしょうね。
お給料頂いたら、なに買います?
Posted by クロッカス at 2010年04月28日 23:01
こえださん、
もらえませんね〜。
でもお金には代えられない素晴らしいものを子どもたちからいただいているって思ったら、専業主婦も捨てたものではありませんよね。
夫に感謝しつつ、自分を褒めてあげながら頑張りましょう。
Posted by クロッカス at 2010年04月29日 00:15
すとれちあ。さん、
そっか、働いていても、色々迷いがあるんですね。
どうするかは自分で決めればいい、どっちにしても、自分が輝いていないとね。
Posted by クロッカス at 2010年04月29日 00:17
ぽんさん、
『魂を磨く仕事』っていう言葉に感動しました。
その通りですね。
色々悩んだ時期もありましたが、この言葉で全部消えてしまいました。
ありがとうございます。
Posted by クロッカス at 2010年04月29日 00:19
僕は父親さん、
色んな役割と言えば、主婦でも結構たくさん役職(?)ありましてね、幼稚園の保護者、学校保護者、家庭教師、ハウスキーパー、PTAの役員、自治会の会員、子ども会…、
結構忙しいんです。
それと同時に家族のお世話もしているお母さんって偉いですよね。

自分で褒めててどうするの?
Posted by クロッカス at 2010年04月29日 00:25
雀のお松さん、
迷わず進むことが結構難しいですよね。
最初によく考えて決めたのだから 大丈夫なのに 途中で不安になったり。
フルタイム、専業主婦、パートの3つを経験された貴重なお話をありがとうございました。
Posted by クロッカス at 2010年04月29日 00:28
ゆうままさん、
ゆうままさんが専業主婦だったとしても、きっと今と同じように輝いてステキに毎日過ごされているでしょうね。

家で退屈しているママさんたちも、仕事以外でも地域のためになることなど外の世界と接する機会を作ると面白いかもしれませんね。
Posted by クロッカス at 2010年04月29日 00:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。