2010年12月17日

子育て版 花盗人は風流のうち

結婚するずいぶん前の話。

国道沿いに、オレンジ色の花が一面に咲く季節がある。
私はその景色が好きで、わざわざ遠回りしてその花を眺めに行っていた。
通るたびに目に飛び込んでくるオレンジ色。
ため息が出てしまうほどだった。

ある日、家の車庫の横に あの花が植えられていた。
正直言ってその花は、近くで見るとわさわさと伸びすぎていて
一つ一つの花はかわいくない。
ただのオレンジ色のコスモスだ。

名前もそのまま『キバナコスモス』。

私は遠くで眺めていたほうがきれいだなぁと思っていた。

しばらくして母に あの花はどうしたのかと尋ねた。
「あんたが好きだっていうから お父さんが道に咲いてるのをごっそり採ってきたんだが。」

なんと、私のために拝借してきたものだったとは。
口下手な父が、私を喜ばそうとして植えてくれたのか。
私の喜ぶ顔が見たかったのだろう。
それ以来、あの花を見ると父を思い出す。
私のことを思いながら花を抜き、車に積み込み、
狭いスペースだけどボリュームたっぷりに植えた父。
精いっぱいの愛情の証だったのだ。
その花を見るたびに涙が出た。

でも私は、父にお礼を言っていていない。
全くひねくれた娘だった。
それでもお父さんは優しかった。

親って偉大だなあ。
亡くなった後になってしみじみ思う。
後では遅いけど。

posted by クロ at 00:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遅くないよ。
その想いはきっと伝わる。
と、あたしは思う。

お父さん、ほんとに優しい人だったんだね。
毎度のことながら
かんどーしたっす。
その花、知ってるなぁ。
今度からあたしまで
その花見るたび思い出しちゃうじゃん、
クロベエのこと(笑)
Posted by チョコり at 2010年12月17日 06:56
今回の記事も感動しました。
優しいお父様だったのですね。
本当に親は偉大だと思います。
クロッカスさんのブログを拝見していると
お父様もりっぱな方だとわかります。

その時はお礼を言えなかったかもしれませんが
お父様へは十分気持は伝わっていたと思います。
Posted by おーちゃん at 2010年12月19日 15:55
チョコりさん、
ありがとう。
お花をどっさり採ってくるお父さん、
お野菜をどっさり送ってくれるお母さん、
ほんと、親の気持ちっていつまでも変わらないね。
あのお野菜の写真見ていたら、泣けちゃったよ。
Posted by クロ at 2010年12月19日 23:44
おーちゃん、
自分が親になると、両親の気持ちがだんだんわかるようになってきます。
恥ずかしくなってしまうような思い出もたくさん。
今度は私が娘たちにしてあげる番ですもんね。できるのだろうか・・・。ちょっと心配。
Posted by クロ at 2010年12月19日 23:47
いえいえ、お父様はきっと、
近くにいらっしゃるようだから、
このブログも読んでらっしゃいますよ^o^

親の愛は風流のうち、と言うより、
風流以上、ですね。
温かい話をありがとうございます。
Posted by すとれちあ。 at 2010年12月21日 17:50
すとれちあ。さん、
そうですね。
近くにいると私も信じています。
でもね、こうやってパソコンやってるのも見られているねかと思うと・・・、「早く寝なさい」って聞こえてきそうです。
Posted by クロ at 2010年12月23日 00:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/173682377
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。