2011年01月28日

子育て版 血は水よりも濃い

夫の誕生日、
帰りが遅いと知っていたが ケーキを用意した。
父不在だが 私と子どもたちは
おめでとうという気持ちを抱きながら 先に頂くことになっていた。

夕飯の時間になり
二階の子ども部屋にいる子らを呼んだ。
長男がすぐ降りてきて配ぜんの手伝いをしてくれた。

準備が整う。
おでんもあつあつで食べごろだった。
しかし、なかなか下りてこない姉たち。
宿題でもやってるのだろうと思い、少し待っていた。
あまり急かしてもよくないだろうから。
それにしても遅すぎる。
だんだん気が立ってくる私と息子。

「ごめんなさーい。」
悪びれる様子もなく下りてきた。
なにをしていたのか尋ねると、
特になにもせずおしゃべりしていたと。
もう おでんは冷めていた。

「せっかくのたんじょう日なのに・・・。」
息子が姉たちに聞こえないくらいの小さな声でつぶやいた。
ちょっと涙目だったのも気になった。

険悪な雰囲気のまま食事が終わり、
私たちの分のケーキを用意すると、
「ぼく いらない。おなかいっぱいだから。」
と、断固食べようとしない。
いつもならケーキは別腹なのに。

これ幸いとケーキをつつく姉たち。
弟の分まで食べてご機嫌だった。

後でこっそり息子が話してくれた。
「ここだけのはなしだけどさ、なんで ケーキたべなかったかわかる?」
もちろんわかっていた。
「せっかくの誕生日なのにお姉ちゃんたちが下りててこなかったからでしょう。」
「うん。」
涙があふれそうになっていた。
「お父さんいないけど おめでとうっていう気持ちで食べたかったのよね。」
「うん。」
「あんたは優しいね。」

もう彼は 泣けて泣けて涙が止まらなかった。
こんなに小さいのに男らしい息子に感動した。

そのあと、ポケモンの絵が描いてある手紙を持ってきた。
「これ、わたしといて。」
大きな字で『おしごとがんばってね。ハッピーバースデー。』
と書かれていた。

夫が帰り、手紙とともに今日の出来事を話した。
そして夫は息子のためにケーキを半分残した。

父と子って、母と娘とは違う何かもっと深い絆があるのように思えた。


posted by クロ at 00:46| Comment(20) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こりゃまた
きゅんとする話ですわね。
かわいい。かわいすぎる。
カワイイ子だねー。
イイ子だ。
お父さんも、嬉しかっただろうね。
抱きしめてあげたい。
Posted by チョコり。 at 2011年01月28日 07:54
ああ〜、朝から泣いてしまいました(ToT)
なんて優しい息子さん。
まだ小さいのに、自分の考え、意思がしっかりしてる!!
うちの息子も、こんな風に優しく育ってくれるといいな。。。
父と子のつながり、とってもいい話をありがとうございます♪
Posted by AmatoU at 2011年01月28日 10:03
優しい息子さんだわ。パパも大事に子育てしていらっしゃるし、ママさんのご家庭でのご教育も行き届いておられるのだなあと感じます。

ちなみに我が家は〜。
父親の誕生日はみんなスルーですよ。果たして父の誕生日をしっているのだろうか?
Posted by 雀のお松 at 2011年01月28日 13:45
優しい長男くんだなねぇ
我が家の長男もそんな風に育ってくれるかなぁ^_^;
女の子はどうも冷めてる感があるんだよねぇ
自分はどうだった?っと思い返してみると...
やっぱり父親に対しては冷めてる感あったなぁって(≧ω≦。)プププ
これも成長の過程なのかなぁ?
Posted by つーちゃん at 2011年01月28日 16:11
長男君、なんてよい子なんでしょう
どうやったらそのように育つのか?
日本の将来も捨てたもんじゃないな=(大げさですかね)
でもこういう思いやりの気持ちをしっかり持っている子どもは世の中少ない中でレアアースじゃなくてレアメン(?)になれるかも
パパと仲いいのでしょうね
それにしても女の子ってやっぱり女の子だね〜
Posted by ゆうまま at 2011年01月28日 21:13
こんにちは(^^)

なんだか泣けちゃいました。
長男君、やさしい子ですね〜(><)
こういうのって、意外と女の子のほうが冷めてたりするかもしれませんね!
自分の誕生日を我が子にこんな風に思ってもらえるなんて、旦那様幸せだわ〜(^^)
Posted by いろはママ at 2011年01月31日 12:37
ああ。またしても泣きそうになった。
男同士の絆っていうのがあるのかしらね、やはり。
うちのダンナはんが
娘はすこぶるかわいいのだけど
男児がほしいって言うのはこうゆうことなのかもしれないな〜
アタシはもう1人女がいいけど(笑)
それに、女のほうがこうゆうとこで結構冷めてるのかもしれないね・・・自分がそうされたら怒るくせに。
面倒な生き物だわ、女って(笑)
Posted by こえだ at 2011年02月02日 14:46
素敵。素敵すぎる。こういうのってむしろ女の子のほうなのかと思ってたけど、違うんですかね。
こういう男の子なら、欲しいかなぁ。
(私はまた女の子欲しい派)
Posted by firstbaby at 2011年02月02日 21:02
チョコさん、
え?どっちを抱きしめるの?
夫?息子?
どっちもダメよ、私の大事なメンズなんだからねっ。
Posted by クロ at 2011年02月03日 21:52
AmatoUさん、
大丈夫。息子はんも優しい子になると思うよ。
それにしても男の子は優しいよ。
女の子は冷めてるわよ。
Posted by クロ at 2011年02月03日 21:55
雀のお松さん、
家庭の教育…、何にもしてないけど。
姉二人に鍛えられて、人の気持ちを考える子になってきているのかしら。
Posted by クロ at 2011年02月03日 21:59
つーちゃん、
私も父には冷たかったな。
弟は結構くっついてた。
確かにそうね。
いつまでもおとうさんにべったりなわけではないですよね。
Posted by クロ at 2011年02月03日 22:03
ゆうままさん、
レアメンって言い方笑っちゃいました。
そうだといいな。
このまま優しい男になって、連れて歩きたい・・・。
いけないいけない、早く子離れしないと。
Posted by クロ at 2011年02月03日 22:06
いろはママさん、
そうね。私の育った家はみんなで誕生日を祝う家庭だったけど、夫の家族は全然そういうのやらない家庭だったみたいで、
こうやって家族から祝われると、どうしていいかわからなくなるみたいです。
でもうれしそうですけどね。
Posted by クロ at 2011年02月03日 22:09
こえださん、
やっぱり男親にとって男の子は娘と違った大事さがあるんじゃないかと感じますよ。
ちっちゃいけど男、みたいに認めてる感じ。
出張に行くときは、必ず息子に「頼むぞ。」って言っていくよ。
チビなのに。
Posted by クロ at 2011年02月03日 22:12
firstbabyさん、
あらっお父さんたちは男の子が欲しいものって思ってました。
一緒にキャッチボールをしたいとか、よく聞くでしょう。
女の子もかわいいですけどね。
いつかお父さんから離れていっちゃう…。
さみしいこと言ってごめんなさい。
Posted by クロ at 2011年02月03日 22:17
男どうしの親子の絆っていいですね。
女どうしや異性間の親子もいいですけど。

何か、単なる親子関係に加えて、
友達・仲間、みたいな感じになるのかなぁ…。
いいなぁ^O^
Posted by すとれちあ。 at 2011年02月04日 14:48
すとれちあ。さん、
もちろんね、どんな親子も素敵ですよね。
でも勝てないな。夫と息子の間には、私には入れないなにかあるんです。
Posted by クロ at 2011年02月06日 00:44
いや〜実は今仕事中なんだけど
思わず涙ぐみ、コメントせずにはいられなかったわwww
やさしくて立派な息子さんだね。
父を思う息子の気持ちに感動しました。
ありがとう!
Posted by ままりん at 2011年02月10日 09:28
ままりんさん、
こちらこそ、ありがとうございます。
時々この親子、こういう感動的なことをしてくれます。
普段はハチャメチャですけどね(笑)
Posted by クロ at 2011年02月11日 22:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。