2011年04月01日

子育て版 獅子の子落とし

ある 暖かい日曜日、
息子と二人、歩いて買い物に出かけた。

帰り道、いつも遊んでいる公園で、
木登りを見せてあげる、と話してくれた。
喜んで走って行ったかと思ったら
すいすいと大きな木に登っていく。
いつの間にこんな高い木に登れるようになったのか。
気がつけば、私の身長より高いところまで行っていた。

「いつもねぇ、ともだちと木のぼりの しけんやってるんだぁ。」
順番に登っては採点しあって遊んでるらしい。
たくましくなったものだと感心した。
でも それにしても見ている方はヒヤヒヤする。
いつも公園について行って見張っていたい心境になった。

そろそろ2年生になる、遊び盛りの男の子だ。
私がついていて遊ぶ年頃ではない。
近所の人がいつも見ていてくれるわけもない。
せめて、誰かに守っていてほしいと思い、
その木に触れて、この子をよろしくとお願いした。
そうこうしているうちに友だちがやってきたので
私は先に帰った。

しばらくして帰ってきた息子、
何か様子がおかしい。
腕を押さえている。
涙をこらえているが、相当痛そうだった。
見てみると、腕はだらんとして 曲げることができなくなっていた。
骨折か?
急いで救急病院へ走った。
行く途中、木に思いが届かなかった事が悲しくて心細くなってしまった。

3時間ほどかかってようやく病院を出た。
結果は、捻挫だった。
骨は折れていなかった。

やっぱり、木は守ってくれたのだ。
そう思いたい。
浮ついた気持ちで登っていると 痛い目に遭うぞと、
木から息子への戒めだったのだろう。
いろんなものに育てられ、守られている、
時には木から落とされたりもするが、
この子にとっては必要な経験なのだと思う。

posted by クロ at 14:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは
この春から2年生なんですね
子どもたちはどんどん大きくなっていく
いろいろな経験を積んで、危ないことは危ないと判断できるようになるんですよね
木登り。ワタシはおてんばだったのでよくやっていましたよ。屋根の上に登ったり。。。
うちのムスメたちは木登りどころか虫取りもしたことがありません
Posted by ゆうまま at 2011年04月03日 09:38
私も、このコトワザをテーマに
記事を書いたことがあり、
図々しくもこの記事につながるリンクを
名前に貼っちゃいましたf^^;

子どもが成長する過程では、
いろんな怪我をしますよね。
我が子もんすてら。は
まだそんなに大けがはしていないけど、
私自身もかなり痛い思いしたし…。
親としては、心配もあるし、かわいそうだけど
痛い思いをしないで育ったら、将来もっと心配。
複雑ですね。

ともあれ、今回は大事に至らなくてよかったですね。
これくらいが「ちょうどいい」のでしょうね。

木が守ってくれた、素敵な表現です。
Posted by すとれちあ。 at 2011年04月05日 12:25
ゆうままさん、
私も木登りや屋根に上るの大好きでした。
さすがに屋根には上らせてあげられないけれど、木登りはできる環境でとてもよかったと思います。
危なくて、見ていられないけどね。
Posted by クロ at 2011年04月05日 21:28
すとれちあ。さん、
この記事読んだ覚えあります。今まさに新年度で環境が変わって戸惑っている子がいっぱいいるのでしょうね。
前に受け持っていた先生は、何とかしてあげたいって思うのかな。
私は混合保育ばかりなので、そういう淋しさは経験したことないんです。
年が変わっても同じメンバー。
その分ひとりひとりのこの成長をずっと見られるので私はこちらの方が好きです。
Posted by クロ at 2011年04月05日 21:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。