2011年05月31日

子育て版 聞けば気の毒見れば目の毒

自分の子が学校でどんなふうに友だちと接しているのだろう。
うまくやっていればいいのだけれど。

もし、いじめられていたりしたら・・・。
ましてや誰かをいじめていたとしたら、なんて考えなくもない。
直接いじめていないつもりでも、
加担してしまっているということもありうる。
ウチの子が原因で、誰かが悩んでいるなんて言うことはあるのだろうか。

できれはそういうことは聞きたくない。知らないでおきたい。
正直にいえば、めんどくさいことに巻き込まれたくないのが本音。
知らないまま済んでいくのなら そのほうが私の心が乱れることはない。

だけどそういうわけにはいかない。
自分の子が、人を傷つけたり迷惑をかけたりしているのなら
知らん顔はできない。
聞かされたらショックだろうけど
きちんと知っておきたい。
こそこそ悪いことをするような
ずるい人間にはなってもらっては困る。

まさかとは思うけど ひと事ではない。
きちんと自分の子の様子を見られる 冷静な目をいつも持っていたいと思う。
posted by クロ at 15:03| Comment(6) | TrackBack(0) | いじめ・虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですね。うちの子に限ってという思いこみはことを大きくしてしまうこともありますしね。
冷静な親の目、養いたいものです。
Posted by 雀のお松 at 2011年06月01日 00:01
雀のお松さん、
そうなんです。
子どもがね、「今日ナニナニちゃんにいやなこと言われた。」
って言ってくると、すぐカーッとなってしまいます。
とんでもない子だなとか思ってしまうんですけど、よーーーーく話を聞くと自分の子にも原因があったり 些細な言い争いを大げさに言ってるだけだったりしてね。
冷静に、冷静に、どちらの子の立場も考えて対応していきたいと思います。
Posted by クロ at 2011年06月01日 11:46
共感できることはとっても大切なことですが、
ある程度無神経になれることもまた、
大切なことでしょうね
(でないと医療や教育はできないでしょうし)。

ともあれ、心配ですよね。
いじめられてたら心中穏やかではいられないし、
いじめてるのはもっと、考えたくもない。
今はまだ、子の責任は親がとる年齢でしょうから
知るのも辛いこともあるでしょうが、
知らないのはもっと不安。
それに耐える冷静さも、親の定めでしょうね。
Posted by すとれちあ。 at 2011年06月02日 14:05
結構見て見ぬふり・・・・見えぬふり・・していたかもしれません(反省)
いじめたことはないと思いたいですがいじめられていたかも。まあ、社会でもまれた程度のイジメだったかもしれませんが、YUにとっては辛い小学校生活だったと今だから告白してくれます。
Posted by ゆうまま at 2011年06月04日 08:29
あたしね、小学生の頃いじめられてた。
いわゆる流行みたいなもんで
順番にまわってくるんだよね、いじめが。
あたしはいじめられても文句言わなかったし
親にも泣き言言わなかった。
なんでだろう、いえなかったのかいわなかったのかはわからない・・・覚えてない。
言い訳するわけじゃないけれど
あたしはいじめる順番がまわってきても絶対加担しなかった。なんでだろうね。
それもあんまり覚えていないの。
だけどいじめられて寂しかった気持ちは覚えてるな〜
こんな気持ち、我が子には味わって欲しくないって切に願うよ。
Posted by こえだ at 2011年06月09日 12:46
こんにちは!おひさしぶりです!!

私は小学生のころいじめられた経験があります。
私の母はそれを全く知らなかったし、気づきもしませんでした。
だからおそらく心が乱れることもなかったことでしょう。

でも私はたとえわが子がいじめられていても、いじめていたとしても、知っておきたいと思います。
たとえ見守ることしかできなくても。
ただ、ウチの上の娘はとにかく学校のことをあまり話さない(^^;)
聞いてもあんまり話してくれません(汗)
情報源はいつも娘のお友達ばかりで・・・。

でもクロッカスさんのおっしゃるとおり、「うちの子に限って」という思い込みを捨てれる冷静な判断力を持った母になりたいと私も思います(^^)

最後になりましたが、私のブログ、お引越ししました(^^;)
写真ブログと育児ブログに分かれたホームページになっています。
またこちらのほうでも仲良くしてやってください♪
Posted by いろはママ at 2011年06月09日 15:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。