2011年10月26日

たからもの

小2の息子、学校から 自分にとっての宝物を持ってくるようにいわれていた。
図工で宝物をきれいに飾るのだと。

そして誇らしげに出してきたものは、
1年生の時から貯めていた牛乳瓶のフタであった。
親の面子から、もうちょっといいものを持って行けばいいのにと思わなくもなかったが、
本人が宝物と言っている限り、
それはたからものなのだろう。
大事そうに袋に入れて持って行った。

先日、できあがった作品を持って帰ってきた。
それを見た私、笑いをこらえるのに必死だった。
キラキラと飾った箱の中に、綿を敷き詰め、そこにフタが並んでいたのだ。
ひとつだけ顔が書いてあるものがあった。
『フタのかみさま』だそうだ。
知恵を絞って楽しそうに作った様子がうかがえた。

それ以来、毎日息子はたくさんのフタを持って帰ってくる。
集めていると知った友だちが くれるのだそうだ。

こんなに集めてどうするのか?
どれくらい集めたいのか聞いてみた。
6年生まで集めて 卒業する時に校舎の上からばらまきたいと。
それもまあ壮大な夢だな。

こんな何気ない毎日の会話が 楽しい。

◆蓋を集めるきっかけの話→『初めての、フタ』こちらも読んでみてください。
posted by クロ at 10:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私が小学生の頃、男子全体(と一部の女子)で
牛乳瓶の蓋を集めてました(私は門外)。
面子(メンツじゃなく、メンコと読んで下さい)
として…。
子どもには、意外なものがたからものですね。

関係ないけど、私は「たからもの」っていう
子守唄が好きです。
聴いてて(歌ってて)涙が出てきます。
Posted by すとれちあ。 at 2011年10月31日 12:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。