2012年01月18日

12才女子の友だち関係

「今日も無視された。学校ではいつも私はひとりなんだ。」

やたらとイライラしているなぁと思ったらそういうことだったようだ。
食事の時に半分ヤケになって話しだした。

だけど下校時には数人の友だちと楽しそうに帰ってきていたのを 私は見ている。
「ただいま。」の声も弾んでいて 口笛もかろやかだった。
決して一日中ひとりというわけでもなさそう。
仲のいい友だち同士で何かあったのだろう。
私は こう答えた。

「女の世界はそういうものだよ。」

慰めたくはなかった。
無視されたと聞くとつい いじめと結び付けてしまって神経質に心配になるが、
無視や いじめなんてものは小学生だけのものじゃない。
大人の世界にもたくさんある。
この子が これがずっと、人と関わる以上 こういうことはしょっちゅうあるだろうから
いちいち反応して落ち込んでいたら 身が持たないよということを娘には伝えたいと思う。
傷ついて辛いのなら、無理にその子とつきあうことはない。

「それでもお母さんは 昨日まで仲良かった子が急に無視してきたらどう思うの!!」

確かに悲しいし 混乱する。
なんで?という思いがグルグル頭の中を回ってなにも手につかなくなる。

それなら
心をかき乱すような子は断ち切りなさいと話した。
「そんなことできるわけないじゃん。」 と予想通りの答え。
いやちがうよ。
目の前から消すという意味ではなく、気持ちの中でその子との距離を置くということ。
そして今日 一緒に帰ってきた子たちみたいに
あなたの方を見ていてくれる子たちの方に目を向けてみなさい、と話した。

そして、無視されたから自分も無視でやり返すようなことは絶対するなとも。

内心は本当に心配な母。
すぐにでも学校に電話して 様子を聞きたいのはやまやま。
だけど もう少し見ていよう。

色んな友だちと出会って、痛い目にも遭って
いい人間関係を築ける人になってほしい。






posted by クロ at 00:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 子の気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わかる。
あたしも小学生の頃あったな。よく覚えてるよ。

クロべぃの言うとおり、大人になってもそうゆう理不尽なこと、あるよね。
解せないこと、わからなさすぎること、あるよね。

なんか考えるなー

クロべぃがお嬢に言ったように強くなることも必要だしそうせざるをえないからそうやって乗り越えてきたけど、
あたしはやっぱり無視や断絶とかってやり方、嫌いだなぁぁぁ

Posted by こえだ at 2012年01月18日 09:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。