2012年07月15日

みんなそうですよ。

中学校の担任の先生に偶然出会った。
娘の様子を話して、学校の様子も聞けて
沈んでいた気持ちも少し軽くなった。

ただ、後になって引っかかることが1つ。
娘のノートのこと。
チラッと覗いてみると、落書きがものすごく多くて
とても勉強のノートと思えないような状態だということを話した時、
「そういう子多いですよ、ほんとに。」
とこたえが返ってきた。

もうひとつ、
授業で習ったこと、その場では理解しても
自分のものにするまでには至ってない気がする。
という指摘にも、
「みんなそうですよ。そういう子が本当に多いです。」と。

本人の意識次第という意味なのだろうが、
そこを先生もわかっていながら
みんながそうだからいいじゃん、みたいに軽く思っているような印象を受けて
これでいいのかとちょっと疑問に思った。

ノートにらくがきはダメでしょう。
ひと声かけてくれたらいいのにな。
みんながやっているから、ではなく、
ダメなものはダメ、と。

頭の中が整理できるよう、
ノートのまとめ方なんかをアドバイスしてくれるといいのにな。
そこまでは学校で教えてはくれないのかな。
posted by クロ at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 親の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/281092696
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。