2013年03月31日

子どもの理解

明日から、仕事の時間が長くなる。

今年に入って、4月からどういう働き方をしようか考えていた時、
子どもたちに聞いてみたことがあった。
長い時間にしようか迷っているが、
今までよりたくさん留守番をしてもらわないといけなくなると。

どういう答えが返ってくるか、少し怖かった。
嫌だと言われたら辛い。
だけど生活のためにはお金も必要。

そこへ、表情一つ変えずに二女が言った。
「お母さんは そうしたいんでしょ。」
良いも悪いも お母さんがしたいならすればいいと。
もしかして、お母さんは言いだしたら止めないからと思っていたのか!?
どちらにせよ、私のしたいことを子どもがわかってくれていることが心強く、うれしくもあった。

もうひとつ。
時間が延びることが決まり、
体が持つか心配だと、長女にこぼした時、
「好きなことなんだからできるでしょう。」と。
そうだ。
私は好きな事を仕事にしている。
こんな幸せなことはない。

ありがとう。

さぁ!
お母さん がんばるからね。
posted by クロ at 22:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
頼もしい子どもたちですね。
子供が母の一番の理解者なんですね。
お仕事ガンバッテくださ〜い!
Posted by ままりん at 2013年04月03日 23:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/353472018
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。